ブログ

  1. 私が人前で話せるようになった3つのポイント

    先日あるテーマで通っていた講座の中で、3分程度ですが人前で話すことがありました。準備時間が足りず頭の中がうまくまとまっていなかったせいとメモ程度の準備でほぼアドリブだったため、わずかな時間とはいえ久々に足が震えました。とはいえ台があったので周りからは見えなかったようです。

  2. ライフデザインとキャリアマネジメント

    昨日は「ライフデザインとライフプラン」というお話をしました。その中で出てきた言葉に「生きがいの領域」というものがありました。仕事や趣味など複数の多様な生きがいをもっていくことの重要性を示した言葉です。で、この「生きがいの領域」に極めて密接にかかわってくるのが「キャリア」をめぐる考え方です。

  3. ライフデザインとライフプラン

    今日はFPとしての基本中の基本である「ライフデザイン」と「ライフプラン」というものについてお話しします。というのも私がCFP®&1級FP技能士を取得した約10年前にはまだそんなにこの言葉が普及していたわけではないと思うのですが、近ごろいろいろなところでこの言葉を見かけるようになりました。

  4. 相談と傾聴

    気をつけていないとやりがちなことに、ついつい話の腰をおってアドバイスをしたくなる、ということがあります。あるいは「こうすればその問題は解決できるのに」的なお話をやってしまいがちなことがあります。若いころなんてそんなことあったなぁ・・・。

  5. へこんだ気持ちを切り替える

    昨日の夕方急きょお詫びと訂正のブログをあげさせていただきました。「基本から考える会社の定款」シリーズのその6からその12まで「相対的記載事項」の話をしていたのに、なぜか「任意的記載事項」と書いておりました。

  6. 「転機」についての雑感

    私も人生が40代半ばに差し掛かっています。正直言って思い描いていた人生とは程遠い暮らしを送っております(苦笑)たとえば開業することそのものは考えてはいましたが当初の予定より早まったのは、想定していなかった出来事がおきたからです。

  7. その後の電力小売自由化

    今年(2016年)の2月に自分が所属しているファイナンシャルプランナーの勉強会で「電力自由化、FPが最低限おさえておきたいポイント」と題してお話をしました。そのころちょうど春からの「電力自由化」についてのお話が、メディアをにぎわしていました。

  8. 親父のおもいで

    すいませんが今日はとりとめもない話をひとつ・・・。昨日は選挙でしたね。わたしは子供のころ、政治少年だったせいか、選挙に行かなかったことはありません。大学の受験科目も多くの同級生が日本史や世界史を選択する中、政治経済をセレクトしました。

  9. そもそも遺言書で何ができるのか?

    すでにこのブログでは遺言書の中でも代表的な遺言である自筆証書遺言と公正証書遺言についてお話しています。(自筆証書遺言については自筆証書遺言の要件はなかなかに厳しいというお話の中で、また公正証書遺言については公正証書遺言についてというお話をさせていただいています。あわせてお読みくださいね。

  10. 会社の機関に関する基本的な組み合わせ

    基本から考える会社の定款シリーズは前回まで、相対的記載事項のうち、会社の組織について長々とごく簡単にお話ししてきました。今日はその会社の組織についての組み合わせ、「機関設計」についてのお話しです。

ページ上部へ戻る