blog

  1. 改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。その7の2 「配偶者居住権のポイント」

    配偶者居住権の概要・ポイントは?前回から改正相続法のうち配偶者居住権についてお話しをしています。今回は配偶者居住権の概要についてもう少し詳しく見てみることにします。

    続きを読む
  2. 改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。その7の1 「配偶者居住権の基本」

    改正相続法の確認昨年民法の相続編が改正され一部施行されています。このブログでは改正相続法のうち、もっともはやく2019年1月に施行された自筆証書遺言の改正についてまずお話しをし、その後「改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。

    続きを読む
  3. まず家計診断を受けてみませんか?

    前回長くお付き合いいただける事務所を目指してというお話しをさせていただきました。その中でも触れましたが長い人生において様々な出来事が起こります。結婚、出産、育児、住宅購入といったことから離婚、介護、相続などということまでいわゆる「ライフイベント」と呼ばれるものです。

    続きを読む
  4. 長くお付き合いいただける事務所を目指して

    当事務所は「生活密着型事務所」を目指すということを掲げています。このお話しを最初に当ブログで書いたのは開業半年ちょっと経った2017年1月の下記ブログです。

    続きを読む
  5. 「シニア婚活」と相続と

    シニア婚活に関する記事を読んで先日ニュースサイト「BLOGOS」さんの特集記事で「“終活”へ恋愛楽しむお年寄り シニア婚活市場はにぎわうも、子どもや社会の理解は不十分」(https://blogos.com/article/434662/)という見出しの記事がアップされていました。

    続きを読む
  6. 「節約疲れ」を避けるために

    「節約」にどう向き合っていますか?以前に下記の投稿をさせていただきました。お金の不安や心配が浮かんだら考えたいこと知っておきたいことこの投稿の中で家計改善の方法として・支出を減らすこと・収入を増やすことという2つをあげました。

    続きを読む
  7. なるべくわかりやすくお話しすることを大切にしています。

    事業所のパソコンやシステムを取り扱っている事業者さん方が件のWindows10への移行の話やこれに関連する作業などがあって忙しいようなお話しをお聞きします。ちなみに当事務所のPCは昨年暮れにこの移行を済ませました。

    続きを読む
  8. 「いくらぐらいの家なら買えますか?」というご相談に対する二つの視点

    住宅購入に関するご相談の中で最も多いと感じるご相談は「いくらぐらいの家なら買えますか?」というものです。皆さん多少質問のニュアンスは違いますがざっくりまとめてしまうとこういう表現になります。

    続きを読む
  9. 前向きな高齢期を送るためにこそ「最期のこと」を考えてみませんか?

    「多死社会」に備えるというお話し昨年の暮れ2019年12月24日に公表された厚生労働省の令和元年(2019)人口動態統計の年間推計によれば、平成30年(2018年)の死亡数は1,362,470人、昨年令和元年(2019年)の死亡数は推計で1,376,000人になるだろうという数字になっています。

    続きを読む
  10. 高額療養費制度の「限度額適用認定証」とは何か?

    高額療養費の現物給付このブログでは高額療養費制度について何度かお話ししています。

    続きを読む
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る