FP ライフプラン

  1. 「外貨建て保険」に関する報道を読んで思ったこと

    目立つ「外貨建て保険」の苦情等に関する報道このところ「外貨建て保険」に関するニュースが目立ちます。いくつか見出しをみてみましょう。

  2. 2019年、本年もよろしくお願いいたします。

    新年のご挨拶にかえて新しい年、2019年となりました。今年も変わらず「生活密着型事務所」として日々頑張って参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 本年はまず練馬区の図書館スポンサーとして石神井図書館の雑誌購入に協力させていただくこととしました。

  3. 現役世代の「孤独死」対策に関する媒体を拝見しての感想

    孤独に対する二つの不安はあるようだけど・・・今日はかなりとりとめもないお話しになります。先日NHKのクローズアップ現代プラスが「孤独死サバイバル 50代から備える」というテーマで放送していました。

  4. 家計の見直しの第一歩、支出における「固定費」と「変動費」を把握していますか?

    前回使途不明金のお話しをしました。その中で家計の中で「固定費」と「変動費」という言葉が出てきました。以前にお話ししたつもりだったのですが、このブログではご説明していなかったことに気づきました。そこで今日は家計における「固定費」と「変動費」についてお話しします。

  5. 家計の「使途不明金」をなくすために心がけること

    今日もこのところのご相談事例の中からお話しします。とはいえ今日のテーマはどのご家庭にも思い当たる節があるのではないか、というものです。取り上げるのは、以前にも何度か触れたことのあるのですが、家計の中の「使途不明金」です。

  6. 共働きにおける「扶養」とパート収入の関係について

    今日も前回同様に最近の相談事例から時折出てくるお話です。ご夫婦共働きといってもご家庭ごとにその収入形態は違うと思います。夫が正社員で妻がパートという事例は現在でもよくある形ですがこの場合によくあるお話として妻は扶養に入るべきかどうか、というものがあります。

  7. リタイア後の単身世帯の家計収支はどのようなものなのか?

    先日夫婦二人の毎月の老後資金はいくらかかるのか、二つの出典から考えるというお話をさせていただきました。

  8. 夫婦二人の毎月の老後資金はいくらかかるのか、二つの出典から考える

    久々にライフプランに関するお話しを。ライフプランのご相談を受けている中で特に私と同世代である40代以降のいわゆる「現役世代」といわれる方々から時折いただく質問として次のようなものがあります。

  9. 3年目のスタートと報酬額の一部変更について

    今朝の東京はとてもいい日差しで、珍しく私もかなり早い時間に目が覚めました。これも気持ちを新たにしていくようにという何かのお知らせかもしれません。本年平成30年(2018年)6月より当事務所も3年目に入ることになりました。

  10. 自分のこととして考えさせられる「生涯未婚」と「成年後見」

    ウェブサイト「毎日新聞医療プレミア」さんで2018年3月14日に公開された「“生涯未婚者急増”でさらに重要「成年後見」」という見出しの記事が先日2018年3月25日にYahoo!Japanニュースにアップされて話題になったようです。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る