FP 住まい 住宅購入 住宅ローン

  1. 住宅ローンと保証料

    昨日から「基本から考える家を購入する際のお金の話」をテーマにお話しさせていただいています。初回では住宅取得資金の全体像と諸経費のうち新築と中古の違いについてでした。今日はその続きからです。

  2. 住宅購入資金の全体像をおさえよう

    先日「どこに住むか」というお話をシリーズでしておりました。購入か賃貸かということも大切ではありますが、購入するという選択を取る方はもちろんたくさんいらっしゃるわけです。今日は家を購入する際のお金のことについてお話したいと思います。

  3. 防災と住まいについて知っておきたいお金のはなし

    「どこに住むか」というテーマでお話しをしています。まず「どこに住むか」という考え方を少しお話しさせていただき、その後防災を考慮した「どこに住むか」という考え方と題してこのところ気になる二つの災害、首都直下地震や豪雨水害についてのお話し。

  4. 防災と住居についての注意点

    「どこに住むか」というテーマでお話しをしています。まず「どこに住むか」という考え方を少しお話しさせていただき、その後防災を考慮した「どこに住むか」という考え方と題してこのところ気になる二つの災害、首都直下地震や豪雨水害についてのお話し。

  5. 防災の視点から考えた近隣チェックのポイント

    「どこに住むか」というテーマでお話しをしています。まず「どこに住むか」という考え方を少しお話しさせていただき、その後防災を考慮した「どこに住むか」という考え方と題してこのところ気になる二つの災害、首都直下地震や豪雨水害についてのお話し。

  6. ハザードマップなどで地域の特徴を知る

    「どこに住むか」というテーマでお話しをしています。前々回は「どこに住むか」という考え方を少しお話しさせていただき、昨日は防災を考慮した「どこに住むか」という考え方と題してこのところ気になる二つの災害に関してお話しさせていただきました。

  7. 防災を考慮した「どこに住むか」という考え方

    前回「どこに住むか」という考えについてお話ししました。これは人それぞれ価値観がとても大きくあらわれるところだと思います。当然すべて100点満点の不動産はないわけですから、いろいろな考え方のもとにどの点を重視して住むかということはとても重要です。

  8. 「どこに住むか」という考え方

    私の手元に「23区格差」という本があります。昨年の秋に中公新書ラクレさんのラインナップとして発売され、今年に入ってからBS日テレの「久米書店」さんでも取り上げられた本です。著者の池田利道さんは東京23区研究所の所長さんでまちづくりなどを中心にお仕事をされてきた方とのことです。

  9. 住宅購入と持分のおはなし

    共有するならば持分を決めるたまにはFPらしいこともお話してみようかと思います。最近、住宅を購入している方は自分の印象だと20代後半から30代前半ぐらいの方でしょうか。時代の変化とともに夫婦共働きの方が増えているため、ご夫婦でお金を出し合って住宅購入されるケースが多いようです。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る