FP 住まい 住宅購入 住宅ローン

  1. 中古住宅購入と消費税と消費税率引き上げに関する注意点

    以前に住宅ローン控除に関するお話しでも少しだけ触れたことがあるのですが、今日は中古住宅と消費税についてのお話しをまずさせていただきます。その上で関連として2019年10月予定の消費税10%増税に関する注意点をお話しすることにします。

  2. 状況の変化に対応できるよう住宅ローンの借入額を考えてみましょう

    住宅購入において市場から考えるいわゆる「買い時」というものがあるのか?私個人はずっと疑問に思っています。私は間違っても「今、買い時です」とか「金利安いですね」というようなことは申し上げません。これから先のことを市場のことを予測する力は私にはないので。

  3. 変動金利型住宅ローンの借入が多いようですが・・・

    国土交通省の「平成30年度民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果を見てみる国土交通省住宅局より平成31年3月20日に『「平成30年度民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果』というものが発表されました。

  4. 住宅購入時期は市場の動向よりもご家庭のタイミングで判断しましょう

    市場の動向は難しい今日は少し大まかなお話しをすることにします。住宅購入に関するご相談を受けていると時折ご相談者の方から「今は買い時でしょうか?」というような趣旨のご質問をいただくことがあります。住宅購入は言うまでもなく大きな買い物です。

  5. 住宅購入 物件を見てから引き渡しまでどのように進んでいくのか

    「住宅購入」は言うまでもなく大きな買い物です。その割には契約してから引渡しまでどのように進んでいくのか、よく知られているとは言えないと思います。

  6. 3年目のスタートと報酬額の一部変更について

    今朝の東京はとてもいい日差しで、珍しく私もかなり早い時間に目が覚めました。これも気持ちを新たにしていくようにという何かのお知らせかもしれません。本年平成30年(2018年)6月より当事務所も3年目に入ることになりました。

  7. 単身でいることを想定したセカンドライフを考えたい

    今日は、先月2018年1月に国立社会保障・人口問題研究所が公表した「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」による2040年に単身世帯が4割になるという話題からお話しをはじめていきます。

  8. 離婚の際マイホームを分けるにあたって知っておきたいこと

    このブログでは離婚時の「財産分与」のお話しを何度か取り上げています。離婚後のライフプランの重要性と財産分与離婚後のライフプランに関するチェックポイント離婚後のライフプランと住まいの関係特に財産分与にあたっては自宅をどのように取り扱うのかが難しいところです。

  9. 住宅ローン控除の基本的なポイント

    今日はいわゆる「住宅ローン控除」についてお話しします。このテーマも家計のお話しとは縁のあるお話しです。またこのブログも時折見直しなどをかけているのですが、「このお話しをしていなかったんだ」と気づくことあったりします。

  10. 単身者に必要な社会とのつながりと住まいの確保

    社会とのつながりを保てるか前回「独身」と「離婚後」のライフプランの重要性というエントリーで、先日勉強会でお話しした内容について少しふれました。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る