終活 墓地納骨堂関連

  1. 亡くなってから時間の経った納骨と開眼法要の話~我が家の例で~

    先日2018年9月18日(火)はお休みをさせていただきました。「所用」ということにしておりましたが、実はこのところのブログで何度かお話ししていたように親父の納骨に関することがその理由です。我が家の場合は親父が亡くなって今年の年末で丸6年となります。

  2. 一般的な葬儀の費用はどのくらいかかるのか?

    先日「エンディング産業展」に行ってきたお話しをしましたが、その際に株式会社鎌倉新書さん発行の「エンディング産業データブック2018」というものが配布されていました。

  3. 「終活」はひとりひとり違うもの、一緒に考えてみませんか?

    幅広いゆえに何からはじめていいかわからない「終活」「終活」という言葉はほぼ定着したのかな?と思います。試しにAmazonの「本」のカテゴリーで「終活」という言葉で検索すると結果は515件(2018年9月4日時点)ということでした。

  4. 「エンディング産業展」でのセミナー聴講

    昨年の今頃、「エンディング産業展」見学記というお話しをさせていただきました。早いものであっという間に1年経ちまして、今年も先日この「エンディング産業展」を見学に東京ビッグサイトまで出かけてきました。昨年と同じ出展者の方もいらっしゃいましたし、初めての出展の方もいらしたようです。

  5. 自分に合ったお墓の選び方として自身で別途に用意するなら知っておきたいこと

    前回に引き続いて自分自身の墓をどう考えるのか?についてお話しすることにします。自分自身が亡くなったあとに遺骨について大きく二つの選択肢があると思うということを昨日もお話ししました。それが次の二つです。

  6. 自分に合ったお墓の選び方としてもし「家の墓」に入るのならば考えておきたいこと

    前回、終活特集記事の取材協力のお話しをしました。その記事の中では「新しい供養の方法」ということについていくつかお話しをしています。このブログでも以前からこういった内容のお話しをしていますので、あわせてお読みいただければ幸いです。

  7. 「エンディングノート」を書くことを難しく考えないようにしましょう

    先日とあることからエンディングノートについて考える機会がありました。このブログでは一度エンディングノートについてお話しをしています。親子でエンディングノートを書いてもいいのではないか?またマイベストプロのコラムではもう少し詳しいお話しをしています。

  8. 墓地の年間管理料と管理料の滞納、「無縁墳墓」の改葬手続

    今日はまず先日2018年5月29日8:30に配信された産経ニュースさんの記事の見出しからご紹介します。

  9. 3年目のスタートと報酬額の一部変更について

    今朝の東京はとてもいい日差しで、珍しく私もかなり早い時間に目が覚めました。これも気持ちを新たにしていくようにという何かのお知らせかもしれません。本年平成30年(2018年)6月より当事務所も3年目に入ることになりました。

  10. 「改葬」「墓じまい」と「離檀料」や新しい供養サービス

    このところ「墓じまい」に関する話題が二つありました。今日はその二つに関連して「改葬」と「墓じまい」のことについてお話しします。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る