相続手続

  1. 改正相続法の「預貯金の仮払い制度」利用にはどんな書類が必要なのか?

    「預貯金の仮払い制度」に必要な書類の例今年2019年3月の当ブログでは改正相続法の概要についてこの7月から施行される内容について6回に分けてお話しをさせていただきました。

  2. エンディングノートの書き方を考える

    久しぶりに終活関連のお話しをします。今回は当ブログ内において意外にも取り上げていなかった「エンディングノートの書き方」について取り上げますね。今日はその内容について考えてみます。

  3. 自分の死後の手続き等をお願いする「死後事務委任契約」とはどんな契約か?

    前回、遺言書とお墓、葬儀の関係性についてお話ししました。で、私のような独身者や配偶者の方を亡くされた方で後を託す方が見当たらないという場合、お墓や葬儀のことはどういう方法があるのか、ということを考えるケースもあるでしょう。

  4. お墓や葬儀のことを家族等に伝えるには 遺言書とお墓、葬儀の関係性

    終活関連のテーマの中では、葬儀やお墓についてどのように自分の意思を残しておくかということも一つのポイントになります。こういったことも遺言書に書いておけばいいのかというと必ずしもそういうわけではないんです。今日は遺言書と葬儀やお墓の関係性について整理してお話しすることにします。

  5. 改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。その6「特別の寄与」

    改正相続法についてのお話しを続けています。初回は「20年以上婚姻した夫婦間の居住用不動産の贈与」についてのお話しをしました。2回目はいわゆる「預貯金の仮払い制度」を取り上げました。

  6. 改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。その5「相続の効力等に関する見直し」

    改正相続法についてのお話しを続けています。前回は4回目として「遺留分制度の見直し」について取り上げました。ちなみに初回は「20年以上婚姻した夫婦間の居住用不動産の贈与」についてのお話しをしました。また2回目はいわゆる「預貯金の仮払い制度」を取り上げました。

  7. 改正相続法についてなるべくわかりやすく話してみる。その4「遺留分の見直し」

    さて前々回は「遺留分」について、前回は「遺留分侵害額請求権」についてお話ししました。今回は前々回、前回を踏まえたうえで改正相続法についてのお話しに戻って4回目として「遺留分制度の見直し」について取り上げることします。改正後の条文では1042条から1049条にかけての部分になります。

  8. 「遺留分侵害額請求権」って何だろう?

    改正相続法についてお話しを続けていますが、その前提として前回は「遺留分」についてお話ししました。本来であれば改正相続法の「遺留分の見直し」のポイントに進みたいところですが、その前にもう一つお話ししていなかったこととして、今まで「遺留分減殺請求権」といわれていたものがあります。

  9. 「遺留分」って何だろう?

    さて前回一回お休みしましたが改正相続法についてお話しを続けようと思います。今回取り上げようと思ったのはいわゆる「遺留分」についてです。が、自分でお話ししていて何ですが、この「遺留分」について意外にもこのブログではまだ取り上げていなかったようでした。

  10. 終活セミナーではどんなことを話すのか?

    このところ改正相続法についてのお話しが続いていますが、ちょっと一休みしてたまには活動報告を絡めたお話しを。先日「お知らせ」でご案内した3月14日に五反田の「(株)よりそう」さんを会場にした終活セミナーが無事に終わりました。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る