BLOG

長くお付き合いいただける事務所を目指して

当事務所は「生活密着型事務所」を目指すということを掲げています。

このお話しを最初に当ブログで書いたのは開業半年ちょっと経った2017年1月の下記ブログです。

「生活密着型」の事務所を目指す

この事務所の形を目指すと考えた理由は、私自身が独立前からも含め取り扱ってきた業務が個人の方のいわゆる「ライフイベント」に関する業務が多いからです。

気が付けば「人生100年時代」といわれるようになり長い人生を生きる想定をする必要が出てきました。

「そんなに長くは生きないよ」

という言葉をたまにお聞きすることもありますが、それでも医療が発達し平均寿命が長くなっている時代に100年はおおげさであっても長生きに備えたライフプランを考えることは大切になってきていると思います。

しかし一方で働き方や年金制度、高齢期における健康不安など長生きするには様々な心配事が存在することも事実です。

また長い人生の中ではいろいろな転換期を迎えることもあるでしょう。

この仕事をしていると、結婚、出産、育児、住宅購入といったことから離婚、介護、相続などということまでひとそれぞれ本当にたくさんの転換点を迎えたみなさんのご相談をお受けしています。

私よりぐっと若い方から同世代を経て人生の大先輩方まで本当に様々です。

 

私は今年4回目の年男を迎えました。

長い人生これから先どういう風になっていくのかわからない部分はありますが、それでももう少し色々がんばっていこうと思っています。

とはいえいつまでお仕事を続けていけるかこれはなんとも言えない部分でもあります。

しかし私のお世話になっている方やお知り合いの方には70歳をこえてなお現役でお仕事をされている方がけっこういらっしゃいます。

見習える範囲で見習っていきたいです。

そしてその想いで仕事をしていくとすればまずは70歳まで22年あることになります。

そんな時間軸の中で想うのは長くお付き合いいただける事務所を目指すということです。

私はいわゆる追客というようなことが得意ではありません。

自分も追客されることが得意ではないですからね。

ただ事務所としては個人の方のライフイベントが起きた時にまず窓口として存在できればいいなと思う部分もあるのです。

一度お会いした方がとりあえずどこに言ったらいいかわからないから聞いてみるか、というようなことでもいいと思うのです。

もちろんそのすべてにしっかり対応できるわけではないかもしれません。

力不足でがっかりさせてしまうこともあるかもしれません。

それでもどこに聞いていいかわからない方がまずはお声をかけていただける事務所であればと思います。

そのためには私自身も変わらず精進しなければいけません。

勘違いしていたり間違ってしまったりへこんでしまったりということも正直あったりします。

それでも前を向いて勉強を繰り返していくことがこういう仕事には必須のことです。

まして今多くの国の制度が変わっている時期にあることはみなさんも感じていらっしゃると思います。

インプットしてアウトプットしてまたインプットして、と繰り返していきます。

ちょっと想いが強く出来過ぎてしまったようなお話しになってしまって恐縮ですが、みなさんの人生の転換期にお声をかけていただけるような長い期間のお付き合いをいただける事務所を目指して今後もがんばってまいります。

関連記事

ページ上部へ戻る