BLOG

「デジタル遺品」の対応 本人はまた家族はどこに注意すればいいか。

今日は「デジタル遺品」についてお話しします。

当ブログ内でも今まで何度か触れたことのあるお話しですが、いろいろな投稿で少しずつ取り上げた状況でしたので今回一度整理してお話ししていくことにします。

ちなみに「デジタル遺品」について触れたことのあるブログは下記の投稿です。

子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その2~

「遺品整理」トラブルを防ぐためにもまず「生前整理」からはじめましょう

エンディングノートの書き方のポイント

 

「デジタル遺品」はどういうもの?

まず「デジタル遺品」という言葉は言ってみれば通称です。

明確にこういうものと言う定義はないのですが、一般的には亡くなった方が利用していたパソコンやスマートフォンを使用した記録や履歴、金融機関の口座類といったものの総称と考えていただければと思います。

具体的には以下のようなものが「デジタル遺品」としてあげられることが通常です。

  • パソコンやスマートフォン内に保存されているデータ(ワード、エクセルなどで作成した日記や備忘録、連絡先一覧といったものや写真類など)
  • ブログや各種SNSのアカウント
  • ネットバンキングやネット証券の口座
  • クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などキャッシュレス決済の履歴などの各種情報
  • ネット通販のアカウントや利用履歴
  • その他利用しているウェブサイトの登録パスワード

代表的なものをいくつかあげてみました。

よく見てみるとこれらは大きく二つに分けることができます。

一つは故人の「プライベート」に関するもの、もう一つはいわゆる「相続財産」の一部となるものです。

故人の「プライベート」に関するものとしては日記や連絡先、写真などがあげられます。

「相続財産」としてはネットバンキングやネット証券の口座、その口座内の預金や株式などの資産がこれにあたります。

 

「デジタル遺品」にはどんな問題があるのか?

これら「デジタル遺品」がクローズアップされるようになった理由としてはやはり様々なトラブルが起こっていることがその原因といえます。

よく言われる事例として以下のようなものがあります。

  • パスワードがわからず解約などの手続きができない
  • ネットバンキングやネット証券などの手続きができず相続財産の特定ができない
  • 解約できずFXなどで為替変動による損失を被る
  • 不倫など異性との不適切な関係を示す写真が存在した
  • 葬儀に必要な連絡先や写真が取り出せない

このような事例がよく取り上げられるところです。

「デジタル遺品」の問題点は亡くなった故人しかわからない設定になっているというその閉鎖性といってもいい点があります。

不動産であれば権利証(登記識別情報通知)が紙ベースで存在することが多いでしょう。

また預貯金も最近はウェブで確認するタイプも増えていますが紙の通帳をお持ちの方のほうがまだまだ多いはずです。

クレジットカードや証券会社なども封書やハガキで取引の内容のわかるものが存在すればそこからたどることも可能でしょう。

 

しかしインターネット上で管理等行っているものについては本人しかわからないものであることがほとんどのはずです。

しかも多くはパスワードや生体認証などによるロックがかかっていることからその中身がわからず遺されたご家族や相続人の方々がご苦労されるケースが多いようです。

 

「デジタル遺品」で本人が家族に迷惑をかけないために行いたいこと

今お話ししたように「デジタル遺品」はそのまま何もせずに残してしまうと家族、相続人に大きな迷惑をかけてしまうことがあります。

「デジタル遺品」で遺族に迷惑をかけないためにしっかり準備をすることも大切な終活の一環となります。

すでにこのブログでもお話ししている点もありますが「デジタル遺品」の生前整理に備えるためのポイントをいくつかあげてみましょう。

  • パスワード類はエンディングノートなどを使いメモなどアナログな方法も併用して保存する
  • 使っていないものは早めに解約等をして整理する
  • 見られたくないファイル等はその旨をエンディングノート等に記載し削除してもらう意思表示をしておくか、死亡時の自動削除ソフトなどを設定しておく
  • 信頼できる第三者に万一の際に備えパスワード等の管理をお願いしておく

こういったものが考えられますが、何よりも利用していないサービスは早めに整理し、なるべく不要なものを片付けていくことが大切です。

 

「デジタル遺品」があったら家族、相続人はどうするか?

さて今度は逆に「デジタル遺品」を見つけてしまったもしくはパソコンやスマートフォンの中身を確認したいご家族の立場ではどうしたらいいでしょうか?

まずネットバンキングやネット証券については口座開設時の書類の控えやキャッシュカードなどが残っているのかどうか、あるいは書類やハガキがきているかなどを確認する必要があります。

ただ書類やハガキはネット証券などでは電子交付されるケースもあり注意が必要です。

また故人の遺言書やエンディングノートがないか、あればそこに必要な記載がないかを確認しることも重要です。

SNSなどはむやみに手をつけず各運営会社のホームページなどを確認の上、その手順にしたがうようにしてください。

また関連して電子マネーやスマホ決済「○○Pay」みたいなものも同じように取り扱い事業者の確認を取るようにしましょう。

それらも含めわからなければ「デジタル遺品」を取り扱っている遺品整理業者などに依頼することも選択肢の一つになってきます。

最近はそういう面で力を入れている業者さんも増えていますのでいろいろ探してみてもいいと思います。

 

エンディングノートの活用を

このブログでは以前にもこちらの投稿でお話ししていますが、デジタル遺品についてはエンディングノートを活用してIDやパスワードなどを控えておく方法をお勧めしています。

私も多数のIDやパスワードがありますが実はエクセルでまとめただけではなく紙ベースでもプリントアウトして保管をしています。

情報管理という点からもパソコン内やスマートフォン内にパスワードなどは残さず別途に管理しておくようにするほうがいいでしょう。

またネットバンキングやネット証券内の資産については「相続財産」の一部になってきますので遺言書できちんと明示しておくことも大切です。

いずれにしても遺された方々困らないように元気なころから整理しておくことが大切になります。

関連記事

ページ上部へ戻る