ブログ

お金の不安や心配が浮かんだら考えたいこと知っておきたいこと

お金の不安や心配というものはやはりつきませんよね。

私も家計のことやライフプランのことについてご相談を受けているのはまさにこの点にあると思います。

けっこうネットでもこの話題をテーマにした記事や投稿があります。

ただ中にはメンタル面での内容に沿ったものも多いように見受けられます。

もちろんメンタル面はとても大切ですし、それが理由で改善できる点も多いでしょう。

とはいえそれにプラスアルファできることを知っていただくことも重要ではないかと私は考えます。

今日はお金の不安や心配が浮かんだ時にどんなことができるのかをお話しすることにします。

ポイントは次の3つです。

現状に向き合いライフプランを考える

公的制度にはどんな制度があるのか確認する

家計改善でできることを考える

ではひとつずつ見ていくことにしましょう。

 

現状に向き合いライフプランを考える

お金の不安や心配の多くは先の見通しが立たないことに起因していると思います。

「子どもの教育費はいくらかかるのか?」

「住宅ローンを組んできちんと返済していけるのか?」

「老後はいくらあれば暮らしていけるのか?」

これはすでにお話しているいわゆる人生の三大資金に関する相談ですが、これ以外にも

「貯金が出来ない」

「家計が火の車だ」

「わかっていても出費がとめられない」

というような家計そのものに関するものもあるでしょう。

もちろん先日「ライフプランを考える意味」を考えるという投稿でもお話したように目の前のことに集中することは大切ですが、そこにプラスして将来の方向性をぜひ考えていただきたいところです。

 

そのためにもまず現状の家計の状況をしっかり整理することです。

家計のやりくりをするにもまず現状がどうなっているのかしっかり把握できなければそもそもやりくりのしようもないと思いませんか?

「あれこのお金何に使ったんだっけ?」

「カード払い多いけど明細見てない」

などわからないお金のことをしっかり確認しましょう。

それと同時に将来の生活をどのように送りたいかを考えライフプランをたてることが不安を和らげることにつながります。

もちろん将来のことは自分たちのことも世の中のこともどうなるかわかりません。

でもその方向性だけでも考えておきさらに定期的に見直すことで不透明な未来のことに少しでも希望を持てるようになるはずです。

 

公的制度にはどんな制度があるのか確認する

最近は年金制度に対する不安や不信などがあり様々な心配をお持ちの方も多いと思います。

でもその年金制度一つとってもどのくらいの方がしっかり理解されているでしょうか?

やっとこのところ「ねんきん定期便」の見方などもいろいろな媒体で取り上げられるようになりましたが、それでもまだまだご存じない方も多いです。

 

年金に絡めて言えば「保険の見直し」についてのご相談を受けるにあたって遺族年金の制度をご存じない方やどのくらいの金額がもらえるのかをご存じない方も多いです。

「保険会社の方の説明を受けたと思うけど・・・」

という方もいらっしゃいます。

ちなみに遺族年金や保険の必要保障額については以下の投稿でお話しています。

「必要保障額」を考えるうえで重要な遺族年金

 

また共働きのご夫婦でご主人様に万一のことがあった際の保障は充実しているのに奥様に万一のことがあった場合の特に死亡保障が手薄という方もけっこういらっしゃいます。

この件は下記の投稿でもお話しています。

共働き夫婦で妻が亡くなった場合の「必要保障額」が不足していることがある

 

老齢年金、遺族年金に加え障害年金の制度もあります。

また会社員の方が働いている際に事故などで負傷すれば労災の適用もありますし、また病気やケガの際の支給される傷病手当金もあります。

医療費にしてもいわゆる「高額療養費制度」が存在します。

確かに社会保障費の増大などが言われこういった制度が現在と同水準のものを維持できるのかはわかりませんが、それでも現在あるこういった制度の仕組みそのものを知らずにいろいろな心配をされることはもったいないです。

ぜひこういった様々な制度のことを知ってください。

 

家計改善でできることを考える

最後は何ができるのか自分たちで考えることです。

以前にもお話しているように家計改善のポイントは

支出を減らすこと

収入を増やすこと

この2つです。

コストカットは家計の無駄を省くことですから比較的早く手がつきやすいところでしょう。

最初のポイントでお話した現状分析がしっかりできていれば大丈夫です。

あとはしっかり実行することですね。

もう一つ収入を増やすことですがこちらは働き方の問題ですから支出を減らすことよりも難しいところがあります。

ただ転職や副業、複業といった手段がないわけではありませんよね。

そのためにも日々の仕事とスキルアップに取り組むことも大切です。

どちらにしても長く働くことになりそうな時代です。

そのためのキャリアというものを常に意識して日々の仕事に取り組みようにしたいところです。

 

良い方向性を考えてみませんか?

当事務所の代表者あいさつ欄の「ごあいさつにかえて」とのところでも書きましたが私は決して裕福な生まれではありません。

どちらかといえば家計的には苦しい家だったかもしれません。

私自身いろいろと楽しくない想いも持っています。

さらに言えば努力しても結果が伴わないことがあることも承知しています。

そう感じてきたことが私自身にもあります。

 

ただせっかくの人生です。

何とかなるかどうかは別にして出切る限りのことはまずしてみようと思うし、みなさんもそう考えてみませんか?

お金の不安や心配は人それぞれです。

もし私でよければご相談してみてください。

こちらのページをご確認いただきお問い合わせください。

少しでもみなさんのお金に対する不安や心配がやわらぐようにお話を聞かせていただきます。

ぜひ良い方向性を考えてみませんか?

関連記事

ページ上部へ戻る