ブログ

2019年、本年もよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶にかえて

新しい年、2019年となりました。

今年も変わらず「生活密着型事務所」として日々頑張って参ります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

本年はまず練馬区の図書館スポンサーとして石神井図書館の雑誌購入に協力させていただくこととしました。

本年2019年1月14日より石神井図書館に置かれている雑誌「散歩の達人」と「クロワッサン」のカバーに当事務所の広告がつく予定です。

ちなみにこのスポンサーになりますと下記のようなポスターをお預かりさせていただくことになります。

 

中央のかわいいキャラクターは練馬区公式のアニメキャラクター「ねり丸」です。

また本年は日本FP協会「くらしとお金のFP相談室」相談員(東京)を務めさせていただきます。

当番制ですのでご利用者の方で担当させていただくことになった際にはよろしくお願いいたします。

 

さて今年は改元が控えるなど大きな変化のある年です。

当事務所の業務範囲としても先日自筆証書遺言の改正についてお話ししていますようが、相続法の改正もあります。

この相続法の改正については折をみてこちらのブログでも情報を発信していきますし、遺言や相続に関してご相談のある方は遺言等に関してはこちらのページを、遺産分割等に関してはこちらのページをご覧いただき一度ご相談いただければ幸いです。

 

また年の初めにうってつけの話題が昨年暮れ2018年12月30日付日本経済新聞朝刊に掲載されていました。

「試算表で家計の未来予測 貯蓄計画、ネットで簡単作成」

という記事です。

ご覧になられたかもいらっしゃるかと思います。

ライフイベントやプランに関するシミュレーションをしてみようというお話しです。

年初からスタートダッシュという方もいらっしゃるかもしれませんが、余裕のある方はぜひご家族で今年以降のライフイベントを洗い出し、ライフプラン表などを作成してみてください。

年初はそれに適した時期といえるでしょう。

また先ほどの日経新聞の記事ではネットで利用できるツールなども紹介されていますので、ご利用も検討されるといいでしょう。

とはいえ実際に入力する数字などどう考えればいいかなど判断に難しい点もあるかと思います。

その場合には、有料にはなりますが当事務所のFP相談や診断書、提案書の作成などをご利用いただければ幸いです。

詳細はこちらのページをご覧いただきぜひお問い合わせください。

 

少し肩の力を抜いて

さて何か宣伝ばかりになってしまい恐縮ですが、少し私事を。

昨年の11月に46歳になりました。

そこで少しだけ想ったことがあります。

それは「もう少し肩の力を抜いていこうかな」ということです。

 

「人生100年時代」とは言われます。

とはいえ健康寿命や平均寿命はもっと短いところにあるのはみなさんもご存知のことと思います。

公益財団法人生命保険文化センターホームページ内に「健康寿命とはどのようなもの?」というページがあります。

これによれば2016年において男性の健康寿命は72.14歳、平均寿命は80.98歳となっています。

とすれば私自身が健康な状態でお仕事を続けていけるのは健康寿命を基準に考えればあと26年ぐらいになります。

 

ここから先、地域や人々の生活に密着した事務所でありたいと思っていますが、同時にやりがいのあることにウエイトをおいた仕事をしていきたいとも思っています。

そして幸か不幸か一人でもありますので、自分自身の興味関心のあることもしっかり学んでいくことが希望でもあります。

のんびりとはいいませんが、自分のペースでしっかりと公私が両立した形でいきたいと考えています。

 

そんなこんなですが、今年もここでは少しでも役に立つこと、気づきになることをなるべくやわらかく発信してまいります。

改めまして本年もよろしくお願いいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る