ブログ

家計の見直しの第一歩、支出における「固定費」と「変動費」を把握していますか?

前回使途不明金のお話しをしました。

その中で家計の中で「固定費」と「変動費」という言葉が出てきました。

以前にお話ししたつもりだったのですが、このブログではご説明していなかったことに気づきました。

そこで今日は家計における「固定費」と「変動費」についてお話しします。

 

毎月必ず支払っていく「固定費」

まず「固定費」についてからお話しします。

「固定費」は収入の変化に関わらず毎月(毎年)必ず支払っていく費用です。

家計の項目の中では例えば次のようなものがあげられます。

  •  居住費(賃貸の方は家賃、住宅ローンを返済中の方は毎月返済額)
  •  水道光熱費(電気料金、ガス料金、水道料金)
  •  通信費(ネットやスマートフォンに関わるもの)
  •  保険料(生命保険等の保険料)
  •  教育費(例えば学校外教育費=塾などの費用)
  •  車両費(ガソリン代、駐車場を借りている場合は駐車場代など)
  •  その他(新聞代、NHKの受信料、持家の方は固定資産税など)

水道光熱費については、電気料金やガス料金など季節によって金額が変動しますので、変動費に区分する分け方もありますが、ここではひとまず「毎月支払いをしないことはない」という前提で固定費に区分しました。

他にも多少項目の分け方は違うかもしれませんが、固定費としては概ねこういったものがあげられるでしょう。

 

おこづかいなどは「変動費」

では次に変動費を見てみましょう。

「変動費」は収入の変化によって毎月(毎年)金額が変動したり、場合によっては支出しなかったりする費用です。

次のようなものがあげられます。

  •  食費
  •  被服費
  •  交際費
  •  娯楽関連費

こういったものが変動費に含まれます。

こちらも多少分け方に違いはあるかもしれません。

食費も「毎月支払いをしないことはない」ものですが、収入状況や世帯構成、季節等によって変わるため変動費に区分しています。

また被服費については、特にお子さんのいるご家庭は、お子さんの成長にあわせて購入する機会も増えるでしょうから、支出が大きくなることもあるでしょう。

それ以外はどちらかといえばいわゆる「おこづかい」に近いものが多い印象ですね。

 

「家計の見直し」の大前提

さてよく「家計の見直し」という言葉があります。

FPとしてはこのご相談をお受けすることがお仕事の一つでもありますが、この「家計の見直し」の大前提としてやらなければいけないこと二つあります。

それは次の2点です。

  •  「固定費」と「変動費」を把握すること
  •  「手取り収入」を把握すること

「固定費」「変動費」は先程お話ししました。

「手取り収入」はみなさんもお気づきのように、税金や社会保険料等が差し引かれて、みなさんのお手元に実際支払われてくるお金のことです。

このブログ内で以前にお話ししたいわゆる可処分所得のことです。

詳しくはリンク先をご覧ください。

 

ところで「毎月赤字で貯金できない」というようなご家庭は先程の「固定費」「変動費」「手取り収入」バランスが崩れています。

通常シンプルに考えれば

 

  「手取り収入-(固定費+変動費)=貯金」

 

となるはずです。

しかしもし上記式の「(固定費+変動費)」が「手取り収入」よりも多いようであれば毎月の収支はマイナスになります。

その場合はたとえば毎月の不足分をボーナスから補てんしているようなケースが考えられるわけです。

そしてそのボーナスにより補てんした不足分はどこに消えているのか、というお話です。

補てんした理由がわかっているのであれば対処方法もあるでしょうし、またやむをえない事情や不意のことで支出が増えたという月もあるでしょう。

 

が、明確な理由もなくお金が貯まらないというのであれば、どこかでお金を使いすぎていることに計算上はなります。

前回お話した「使途不明金」のお話に通じることになるわけです。

そのためにも一度しっかりご自身の家計をきちんと把握してみることが重要になります。

 

もちろん年間ベースで考えれば、お子さんの成長具合によって教育費の支出や住宅ローンの支払いが重なって、人生という長いスパンの中では一時的に赤字に陥ってしまう時期もあるかもしれません。

実際、家計診断の中でキャッシュフロー表を作成させていただくと定年までの間には年間ベースである年の収支がマイナスになるということはありえます。

それでも貯蓄があってそのマイナス部分をまかない乗り切って年金受給までに老後資金の準備ができていれば問題はないといってもいいでしょう。

 

毎月きちんと貯蓄を作っておけば家計の苦しいときに対処することができ、かつ老後資金の準備も進めることができるわけです。

長いスパンの中では「使途不明金」などなくとも毎月の収支が苦しいという時期もあるわけですから、貯めることのできる時期は限られてくることもあるでしょう。

ですから「使途不明金」をなくして毎月の家計を改善させることはとても重要なことなのです。

今回と前回お話したように「固定費」と「変動費」を把握して「使途不明金」をなくした上でさらに家計の中で削減できるところがあるのか、節約できるところがあるのかなど検討することになってきます。

 

なかなか貯蓄がたまらない、これから子供が進学するのに不安だ、といったお悩みをお持ちのご家庭は多いと思います。

当事務所でも家計についてのご相談をお受けしていますのでこちらのページをご確認いただき、よろしければぜひお問い合わせください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る