ブログ

さまざまな保険商品

「わかりやすく基本的な保険のはなし」というテーマでお話しをしています。

初回では遺族保障と必要保障額のお話しについての入り口になるお話しをさせていただき、2回目では「必要保障額」のうち特に「支出見込額」についてお話させていただきました。

3回目では「必要保障額」のうち特に「収入見込額」の「柱」である遺族年金についてざっとお話しして、4回目では「収入見込額」の続きで遺族年金以外の「収入見込額」と「必要保障額」が適正かどうかについてお話ししました。

そして「必要保障額」が出てきたので5回目から生命保険の基本的な種類のお話しとして「定期保険」と「終身保険」についてお話しました。

前回前回では養老保険と保険の組立てについて少しお話しました。

今日は続きとしてその他のいろいろな保険のお話をします。

前々回からお話ししていますように今日のお話しも俗にいう「教科書」のようなお話しです。

ホントに基本的なことしかお話ししませんので、気楽な気持ちでお付き合いくださいね。

 

収入保障保険とは?

ここ何年かで見るようになった保険商品と言えばこの「収入保障保険」でしょう。

定期保険と似たような意味合いを持つ商品なのですが、決定的な違いは死亡保険金を年金形式で受け取る商品だという点です。

つまり定期保険と同じく保険期間内に被保険者が亡くなった場合に、定期保険が一括で保険金をもらうのに対し、収入保障保険は亡くなった時から保険期間満了まで年金の形で保険金をもらえるというものです。

受け取り方も毎月や1年、一時金などいろいろな受け取り方法があります。

一括受け取りも可能ですが、その場合は年金でもらう時の総額に比べ金額がやすくなります。

また最低保証期間といって、例えば保険期間が残り2年を切った時に万一のことが起きた場合は、2年を切っていても2年分年金が支給されるものもあります。

主に2年の最低保証期間と5年の最低保証期間がついているものが多いようです。

またタバコを吸われる方か否かや健康状態などのよって保険料が安くなるような商品が多いですね。

ただ基本的には遺族保障の商品であるわけで、定期保険と比較してどちらがいいかをよく考えて選択する必要があります。

 

団体定期保険の活用を検討する

お勤め先には福利厚生の制度として団体定期保険とかBグループ保険と言われる商品が存在するところもあります。

手っ取り早く言えばお勤め先が契約者で、従業員の方が亡くなった際の保障を目的とした商品です。

この商品は任意加入の商品で、保険料が給与から天引きされるのですが、一般的な保険商品よりも保険料が割安になることもあります。

保険金額は定められた金額で融通のきかないことも多く、保険料も1年更新であるというデメリットもあり、また中途退職してしまうと保障が続かないなど難点はありますが、遺族保障の組み合わせの一つとして選択することは十分にありだと思います。

基本的にいつでも加入するタイミングがあるわけではなく、1年に1回の加入申し込みの時期に加入することになりますが、お勤め際に制度が存在するのであれば内容をお聞きして加入を検討してみることもいいしょう。

 

最近見ないアカウント型保険

利率変動型積立終身保険は、別名アカウント型保険ともいわれます。

私がFPの勉強をしていた12年ぐらい前にはそれまで保険会社の主力商品であった定期保険特約付終身保険に代わってよく出ていた商品です。

ただ一方であまり評判の良くない部分も多かった商品で、現在は新規で契約を取り扱っている会社は多分そんなにないのではないかと思います。

これは先ほどもお話ししましたように定期保険特約付終身保険の代わりに出てきた、というくらいで保険料の一部を積立てて払込が終わったら積立部分は終身保険や年金保険に変更することができる一方で、保険料の別の一部で死亡保障などを付けるという形の商品です。

この保険料は一定なのですが、死亡保障の部分と積立部分との割合は変えることができます。

ただ死亡保障の部分は定期保険だったりしますので、保険料の更新が発生し、そのたびに更新ですから保険料は高くなります。

そうすると保険料全体は一定なのに死亡保障の部分にばっかり保険料が行ってしまって積立部分にお金がたまらないことがありえます。

また積立部分には予定利率が付きますが「変動型」ですから利率は変わりますし、積立部分の途中引き出しなどもできるなどの理由からも積立部分の金額がはっきりしないことがわかります。

また今お話ししてももしかしたらわかりづらいかもしれませんが、実際にわかりにくい商品であることも確かでそのあたりが先ほども申し上げた評判の悪さにつながったのかもしれませんね。

アカウント型保険もそうなのですが、基本的に自分で理解しにくい商品はあまり入らないようにする、ということはやはり基本であろうと思います。

シンプルにシンプルに考えていきましょう。

さて次回は最近流行の?病気関係に備える保険のお話しを例によって教科書ベースでしていきますね。

 

関連記事

ページ上部へ戻る