ブログ

  1. 遅まきながらの初詣

    先日遅まきながらの初詣に行ってきました。行き先は去年の4月にお参りしてはじめて御朱印をいただいたお話しをこのブログでもして、その後も出かけた都内の某神社さんです。お参りしてすぐにお仕事のご依頼があったので感謝の意味でお礼にもお伺いし、そして今年も年始から参拝してきた次第です。

  2. 年の初めにお墓のことを考える

    2018年となりました。今年も昨年同様「生活密着型事務所」としてがんばってまいります。みなさまのお役に立つ情報を今年も発信していきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 暮れに実家の墓を見てくるさて昨年2017年の秋に我が家の墓が建ちました。

  3. 架空請求ハガキに注意しましょう

    2017年もまもなく終わろうとしていますが、今年はみなさんどのような1年でしたでしょうか?個人的にはいろいろ気になるニュースがありましたが、残念なことだと感じたのは詐欺による被害のニュースが今年も非常に目に付いたということです。

  4. 葬儀費用の見積もりをしっかり確認しましょう

    「イオンのお葬式」の追加費用はどんなものだったのか?先日、ネットニュース等で配信されていましたが消費者庁がいわゆる「イオンのお葬式」を展開するイオンライフ株式会社に対して景品表示法に基づく措置命令を行ったそうです。

  5. 相談業務を通して感じること

    年内は行う予定のなかった無料相談会だったのですが、練馬駅北口のココネリの研修室が利用できる時間があったので先日急遽実施しました。急遽ということであまり告知はしなかったのですが、それでもご来場をいただきました。

  6. 法律の「目的規定」に注目してみる

    今日はちょっとマニアックというか小ネタというか、そんなお話しをします。気軽にお付き合いくださいませ。テーマは法律の「目的規定」といわれるものです。 「目的規定」とは法律の中には「目的規定」と呼ばれる一文が規定されているものがあります。

  7. 「特別受益」をめぐる民法と税法の考え方の基本

    前回「民法における相続」と「税法における相続」の違いについてお話しました。今日はその続きとしてこれも大切ないわゆる特別受益に関しての取扱いについてお話します。 特別受益とは?特別受益については民法903条に規定があります。その第1項の条文を見てみましょう。

  8. 「民法における相続」と「税法における相続」の違いにはどんなものがあるか?

    お客様の遺言や相続などのご相談をお伺いしていると「民法における相続」と「税法における相続」との二つの知識が必要なケースをよく感じます。私は行政書士として遺言書など民法上の相続に関するお話しをさせていただきます。

  9. 成年後見制度の報酬の基本

    先日あるテレビ番組で成年後見人の報酬についての話題が出ていたのですが、報酬額が月7万円というお話が出ていました。これを聞いた出演者の方の雰囲気がとても高く感じているに見えました。私も月7万円という事例は聞いたことがなかったです。

  10. 久々の寄席へ

    さて久々に仕事以外のお話しです。もろもろ一段落ついたところで久しぶりに寄席に出かけてきました。行き先は新宿末廣亭です。実は20代の半ばぐらいまでは寄席には時折行っていたのですが、仕事が忙しくなりまた資格試験の勉強なども重なって足が遠のいておりました。

ページ上部へ戻る