会社設立 起業支援

  1. 創業融資のポイント

    起業と開業資金のおはなしをしています。初回は「何をどうやりたいか」決めることが資金計画について大事だというお話しと概論めいたことを、2回目では開業資金の3つの種類をお話ししました。

  2. 創業融資の基本的なお話

    起業と開業資金のおはなしをしています。1回目では「何をどうやりたいか」決めることが資金計画について大事だというお話しと概論めいたことを、2回目では開業資金の3つの種類をお話ししました。

  3. 自己資金以外の開業資金準備について

    起業と開業資金のおはなしをしています。初回は「何をどうやりたいか」決めることが資金計画について大事だというお話しと概論めいたことを、2回目は開業資金の3つの種類をお話して、前回は自己資金の重要性についてお話ししました。今日は自己資金以外の開業資金の準備方法についてお話しします。

  4. 開業資金の中心「自己資金」

    起業と開業資金のおはなしをしています。初回は「何をどうやりたいか」決めることが資金計画について大事だというお話しと概論めいたことを、そして前回は開業資金の3つの種類をお話ししました。さて今日からはこの開業資金をどのように準備するかについてお話しします。

  5. 開業資金 3つの種類

    昨日から起業と開業資金のはなしをしています。初回は「何をどうやりたいか」決めることが資金計画について大事だというお話しをしました。そしてその中で設備資金をどう考えるのかが大切だということもあわせてお話ししました。さて今日は続きからです。

  6. 起業と開業資金の基礎的考え方

    さて今日からしばらく起業と開業資金のお話をしていきたいと思います。起業にとって必要なものは「情熱」だとよく言われます。もちろんそれはそうなのですが「情熱」だけあればどうにでもできるか、と言えばみなさんがみなさんそういうものでもないでしょう。

  7. 会社の機関に関する基本的な組み合わせ

    基本から考える会社の定款シリーズは前回まで、相対的記載事項のうち、会社の組織について長々とごく簡単にお話ししてきました。今日はその会社の組織についての組み合わせ、「機関設計」についてのお話しです。

  8. ごく簡単に委員会設置会社などに触れておく

    「基本から考える会社の定款」シリーズも11回目です。会社の組織についてお話ししています。今日は二つの種類の委員会設置会社についてお話しします。ただ私見ですが、この二つの会社形態は小さく会社を始めようという方には全くと言っていいくらい関係のないお話しかと思います。

  9. 会社の様々な機関について

    基本から考える会社の定款のシリーズも10回目のお話しです。相対的記載事項の中で機関設計に絡んで、会社の組織についてお話ししています。前回までの小さな会社の機関設計によく登場する主要人物ならぬ主要組織についてはお話ししました。で、今日はそれ以外の組織について簡単にお話しします。

  10. 定款から見る監査役の役割

    会社の定款について基本的なことをお話しさせていただいています。前々回の7回目、前回の8回目と相対的記載事項の中でも大切な機関設計に関連して会社の組織のお話をしています。今日は会社組織の主な登場人物のひとつ、監査役についてのお話です。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る