遺言書作成支援

  1. 予備的遺言って何?

    遺言書には実はいろいろな書き方があったりします。内容として法律的に問題のあるものであればダメですけど、そうでなければ認められる内容もあるわけです。そこでこのブログでは時折そんな遺言についてお話ししていこうと思います。今日はよく「予備的遺言」と言われる遺言についてです。

  2. 遺言書は「いつ」書くべきなのか?~その2~

    前回遺言書は「いつ」書くべきなのか?というお話をさせていただきました。今日は続きをもう少しお話したいと思います。 遺言書は一回だけ書くものとは限らない前回「遺言書は何度でも書き直せる」とお話しました。例えば60歳代後半に遺言書を一度書いたとします。

  3. 遺言書は「いつ」書くべきなのか?

    遺言書のお話しというと、形式がきちんと法定されていたり、遺言書だけでは万全ではないことなどもあってかたいお話しになりがちですが、今日は割合気楽なお話しです。

  4. そもそも遺言書で何ができるのか?

    すでにこのブログでは遺言書の中でも代表的な遺言である自筆証書遺言と公正証書遺言についてお話しています。(自筆証書遺言については自筆証書遺言の要件はなかなかに厳しいというお話の中で、また公正証書遺言については公正証書遺言についてというお話をさせていただいています。あわせてお読みくださいね。

  5. 公正証書遺言について

    公正証書遺言とは前回は自筆証書遺言についてのお話をしました。(「自筆証書遺言の要件はなかなかに厳しい」もあわせてお読みくださいませ。)ですので対というわけではありませんが、今回は公正証書遺言についてお話します。公正証書の要件ももちろん民法の条文に記載されています。

  6. 自筆証書遺言の要件はなかなかに厳しい

    自筆証書遺言の要件先日、最高裁判所で自筆証書遺言の押印の代わりに花押を使った場合、押印の代わりになるかどうかについて判断がありました。どうやら花押は認められなかったということで、審理は高等裁判所に戻されたようです。ニュースでご存知の方も多いと思います。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る