遺言書作成支援

  1. 自分に合ったお墓の選び方としてもし「家の墓」に入るのならば考えておきたいこと

    前回、終活特集記事の取材協力のお話しをしました。その記事の中では「新しい供養の方法」ということについていくつかお話しをしています。このブログでも以前からこういった内容のお話しをしていますので、あわせてお読みいただければ幸いです。

  2. 「エンディングノート」を書くことを難しく考えないようにしましょう

    先日とあることからエンディングノートについて考える機会がありました。このブログでは一度エンディングノートについてお話しをしています。親子でエンディングノートを書いてもいいのではないか?またマイベストプロのコラムではもう少し詳しいお話しをしています。

  3. 3年目のスタートと報酬額の一部変更について

    今朝の東京はとてもいい日差しで、珍しく私もかなり早い時間に目が覚めました。これも気持ちを新たにしていくようにという何かのお知らせかもしれません。本年平成30年(2018年)6月より当事務所も3年目に入ることになりました。

  4. 無料相談会ご来場ありがとうございました。

    昨日は石神井郵便局のイベントスペースをお借りして、その会場では2回目となる遺言・相続無料相談会を行いました。2月であるにもかかわらず寒さの和らぐ日中はコートのいらない1日でした。そんな天候にも恵まれてかご相談いただくお客様も多く、午前中はお待ちいただく方もいらっしゃいました。

  5. 「特別受益」をめぐる民法と税法の考え方の基本

    前回「民法における相続」と「税法における相続」の違いについてお話しました。今日はその続きとしてこれも大切ないわゆる特別受益に関しての取扱いについてお話します。 特別受益とは?特別受益については民法903条に規定があります。その第1項の条文を見てみましょう。

  6. ご相談いただく機会を作る大切さ

    相談会を開催して先日10月25日にすでにお知らせしていた石神井郵便局での遺言・相続無料相談会を開催しました。あいにくの天候でしたが、折込のチラシをもって来場いただいたお客様方、ご協力いただいたみなさまにあらためて御礼申し上げます。

  7. 代襲相続と兄弟姉妹

    前回「代襲相続」についてのお話しをしました。今日はその続きで兄弟姉妹の間の「代襲相続」についてお話しします。 兄弟姉妹と代襲相続の関係まず兄弟姉妹の相続について条文を挙げてみます。

  8. 代襲相続って何?

    以前に予備的遺言って何?というお話しをしました。このお話しの前提については「代襲相続」といわれる相続の形があります。今日はこの代襲相続についてお話しします。 代襲相続の例まずは条文を見てみましょう。民法第887条第2項です。

  9. 意味の違う「遺言信託」

    「独身」と「離婚後」のライフプランの重要性というエントリーで触れた私が所属する勉強会で講師役でお話した内容から、まだここでお話していないものについて何回かお話していくことにします。今日はいわゆる「遺言信託」という言葉についてです。

  10. 不在者財産管理人と遺産分割の話

    さて今日も恐縮ですが、時事ネタからのお話しです。昨日2017年7月12日付NHK NEWS WEBの配信記事です。見出しは「空き家対策 民法の規定を活用し解体 東京」という記事でした。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る