終活 墓地納骨堂関連

  1. 年の初めにお墓のことを考える

    2018年となりました。今年も昨年同様「生活密着型事務所」としてがんばってまいります。みなさまのお役に立つ情報を今年も発信していきたいと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。 暮れに実家の墓を見てくるさて昨年2017年の秋に我が家の墓が建ちました。

  2. 単身者が増加する時代の課題

    たまたまのことだと思いますが、昨日二つのテレビ番組で「単身者」をテーマにした特集がありました。一つはNHKの夕方の首都圏向け番組「首都圏ネットワーク」での「シリーズ超単身時代」。もう一つがテレビ東京「ガイアの夜明け」の「どう生きる?シングル社会」です。

  3. 「エンディング産業展」見学記

    先日ニュースなどで某ロボットによる読経が行われている様子が放送されていました。これは東京ビッグサイトで開かれていた「エンディング産業展」にて展示されていたものです。今年(2017年)は8月23日〜25日までの3日間開かれていたのですが、私はその最終日に現地へ出かけて行きました。

  4. 独身者自身の終活を考える

    先日から独身者のライフプラン検討時の課題についてお話しています。初回では独身者のセカンドライフに向けての5つの課題について、その2では特に資力や経済力といった部分でのセカンドライフへ向けての資金準備のお話しをそれぞれしました。

  5. 終活トラブルに関するテレビを見て

    今日は手短に。昨日(2017年5月10日)の夜、NHKのクローズアップ現代プラスを見ておりました。テーマは「相次ぐ“墓トラブル” 死の準備の落とし穴」でした。

  6. 死後離婚とお墓

    このところ「家を買うときに考えるポイント」についてのお話しをしていましたが、その間に色々な話題やニュースが出ておりました。ですので少しそういったお話しに触れていきたいと思います。今日は手短にいわゆる「死後離婚」のお話しについてです。

  7. このところの葬儀やお墓に関する記事を読んで

    時代の変化と供養今日はこの十日間程で見かけた葬儀やお墓に関する二つの話題を読んでみての雑感をお話しします。まず先に取り上げるのは2017年3月21日と22日の日本経済新聞の夕刊に掲載されていた「130万人のピリオド 今どきの弔い」という記事です。

  8. 子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その1~

    ここ1週間から10日くらいのあいだに「終活」関連に関連する報道やら記事やらがたくさん目に付きました。なぜにこれほど集中したのかたまたまの偶然なのかはさておき、あれこれご紹介的な話にはなってしまいますが、今日と次回はそれらに触れながらお話していきます。

  9. 葬儀から火葬までどう進むのか?~私たち家族の事例~

    前回の「人が亡くなってから葬儀までどう進むのか?~私たち家族の事例から~」に続いて今日も私の親父が亡くなった際の状況を例に人が亡くなってから葬儀までどのように進むのか見ていくことにします。特に私同様に子世代の方には参考にしていただくことがあれば幸いです。

  10. 人が亡くなってから葬儀までどう進むのか?~私たち家族の事例から~

    今日と次回と備忘録的に私の親父が亡くなったときのことを振り返りながら、葬儀までどういう流れで物事が進んでいったのか、どこで何が困ったのかをお話したいと思います。一例ですが、特に私同様に子世代の方には親世代に万一のことが起きたケースに備えて、よろしければご参考にしていただければと幸いです。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る