相続手続

  1. 親子で墓のことを考える

    昨日まで実家に戻っておりました。三連休の後半から平日2日ほど、実家の母親と二人で過ごしておりました。母とともに実家から車で1時間ほどの施設に入っている90歳を超えた祖母のところに顔もだし、さらに施設に近い伯母の家にもお邪魔しました。みな元気そうで何よりです。

  2. 親子といわゆる「墓じまい」

    終活とお墓のはなしをしています。~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。

  3. 終活とお墓に関する考え方とタイミング

    終活とお墓のはなしをしています。~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。

  4. 生き方の多様化に伴う供養の多様化

    終活とお墓のはなしを続けています。~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。そして前回の~その3~では「祭祀」に関するお話しをしました。

  5. 「祭祀に関する権利の承継」とは?

    終活とお墓のはなしというテーマでお話しをしています。~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。

  6. 「墓埋法」と「火葬許可証」

    さて昨日から「終活とお墓のはなし」をはじめています。~その1~では私自身の終活支援業務への想いと終活の4つのポイントをお話ししました。今日からは時節柄も含め、お墓や祭祀の点に絞ってお話ししていきたいと思います。

  7. 終活のポイントとお墓のはなし

    「終活」の目立つ時期「お盆休みをふるさとで過ごす人の帰省ラッシュがピークを迎えました。」という言葉がテレビやラジオで聞かれる時期になりました。

  8. 子がサポートする親の終活

    親子で「終活」?先日のテレビ番組で最近の「終活」が親子で、特に子供がサポートするような「終活」が増えているという内容を拝見しました。朝方の番組だったので時間の関係で全部を見ることはできませんでしたが、葬儀会社の主催する終活セミナーなども最近は親子で出席する方がいらっしゃるそうです。

  9. 相続に関するルールが見直されるかもしれない

    さて前回まで4回にわたって遺産分割についてお話をしてきました。遺産分割をなるべくわかりやすく話してみるでは主に相続財産について、遺産分割の考え方と手続きでは遺産分割の大枠についてお話してきました。

  10. 遺産分割協議書の記載例を見てみよう

    前回まで遺産分割のお話しをしてきました。遺産分割をなるべくわかりやすく話してみるでは主に相続財産のお話、遺産分割の考え方と手続きでは遺産分割の大枠のお話、そして遺産分割3つの方法では遺産分割の方法についてお話してきました。今日(2016年7月24日)は最後ですね。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る