相続手続

  1. 「祭祀に関する権利の承継」とは?

    終活とお墓のはなしというテーマでお話しをしています。~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。

  2. 「墓埋法」と「火葬許可証」

    さて昨日から「終活とお墓のはなし」をはじめています。~その1~では私自身の終活支援業務への想いと終活の4つのポイントをお話ししました。今日からは時節柄も含め、お墓や祭祀の点に絞ってお話ししていきたいと思います。

  3. 終活のポイントとお墓のはなし

    「終活」の目立つ時期「お盆休みをふるさとで過ごす人の帰省ラッシュがピークを迎えました。」という言葉がテレビやラジオで聞かれる時期になりました。

  4. 子がサポートする親の終活

    親子で「終活」?先日のテレビ番組で最近の「終活」が親子で、特に子供がサポートするような「終活」が増えているという内容を拝見しました。朝方の番組だったので時間の関係で全部を見ることはできませんでしたが、葬儀会社の主催する終活セミナーなども最近は親子で出席する方がいらっしゃるそうです。

  5. 相続に関するルールが見直されるかもしれない

    さて前回まで4回にわたって遺産分割についてお話をしてきました。遺産分割をなるべくわかりやすく話してみるでは主に相続財産について、遺産分割の考え方と手続きでは遺産分割の大枠についてお話してきました。

  6. 遺産分割協議書の記載例を見てみよう

    前回まで遺産分割のお話しをしてきました。遺産分割をなるべくわかりやすく話してみるでは主に相続財産のお話、遺産分割の考え方と手続きでは遺産分割の大枠のお話、そして遺産分割3つの方法では遺産分割の方法についてお話してきました。今日(2016年7月24日)は最後ですね。

  7. 遺産分割3つの方法

    遺産分割についてお話をしています。遺産分割をなるべくわかりやすく話してみるでは主に相続財産のお話を、遺産分割の考え方と手続きでは遺産分割の大まかなところをお話させていただきました。今日(2016年7月23日)はその2の続きで民法第907条の2項3項にかかってくるお話からです。

  8. 遺産分割の考え方と手続き

    昨日は遺産分割をなるべくわかりやすく話してみると題して主に遺産分割の前提である相続財産のお話しをさせていただきました。今日(2016年7月22日)はその続きです。 遺産分割の考え方まず最初に民法906条という条文を紹介します。

  9. 遺産分割をなるべくわかりやすく話してみる

    今日から何回か「遺産分割」についてお話しします。なお「今日」と断りましたがこのお話しは平成28年7月21日時点のお話しになります。ここで日付についての説明をあえてはさんだ理由はあらためてこのシリーズ最後のほうでお話しさせていただきますね。

  10. 相続と戸籍謄本収集のはなし

    なぜ相続手続きに戸籍謄本等を集めるのかお身内の方がなくなると発生するのが相続手続きです。この相続手続きには色々な書類が必要になります。お手続きを一人でやろうとする場合、特に多くの方が苦労されるのが戸籍謄本集めです。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る