相続手続

  1. 戸籍の誤りはなぜ起こりうるのか?

    改製原戸籍と戸籍の電算化Yahoo!JAPAN ニュースにも出ていた北日本新聞ウェブさんの記事の見出しから今日はお話に入ります。「戸籍の人名、語記載相次ぐ データ登録時に崩し字読み違えか」今回の記事に出ているケースは富山県高岡市のケースです。一部引用させていただきます。

  2. 相続手続と法定相続情報証明制度

    相続手続きを簡素化させる「法定相続情報証明制度」本日2017年5月29日より新たに「法定相続情報証明制度」がスタートします。当事務所でも本日よりこの取り扱いを開始しますので、ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

  3. 終活トラブルに関するテレビを見て

    今日は手短に。昨日(2017年5月10日)の夜、NHKのクローズアップ現代プラスを見ておりました。テーマは「相次ぐ“墓トラブル” 死の準備の落とし穴」でした。

  4. 法定相続分の預金払い出しが認められくなって注意しておきたいこと

    預金の法定相続分が払い戻しできないさて今日は久しぶりにかためのお話をします。先日2017年(平成29年)4月6日に最高裁判所の第一小法廷にてある「預金返還等請求事件」に関する判決がありました。実はこの判決、以前にお話した相続と預金債権をめぐる裁判の判決だったのです。

  5. このところの葬儀やお墓に関する記事を読んで

    時代の変化と供養今日はこの十日間程で見かけた葬儀やお墓に関する二つの話題を読んでみての雑感をお話しします。まず先に取り上げるのは2017年3月21日と22日の日本経済新聞の夕刊に掲載されていた「130万人のピリオド 今どきの弔い」という記事です。

  6. 相続をめぐる時代とルールの「ずれ」を感じています

    2月末から3月頭にかけて相続に関する報道がいくつか見受けられました。手短ですが、今日はその辺りの話題に少し触れていくことにします。

  7. 相続税対策と養子縁組についての判決を見てみる

    今年(2017年)の1月3日に養子縁組がなぜ相続税対策になるのか?というお話しをさせていただきました。詳しくはリンク先の私のブログ記事をお読みいただければありがたいのですがかいつまんでポイントを挙げると次のようなお話しをさっせていただきました。

  8. 子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その2~

    今回も前回「子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その1~」に次いで、ここ2週間ぐらいの間にメディア等で取り上げられた終活関連の話題についてお話しします。特に子世代側の目線にウエイトをおいて触れていきますので、もしよろしければ参考になさってください。

  9. 子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その1~

    ここ1週間から10日くらいのあいだに「終活」関連に関連する報道やら記事やらがたくさん目に付きました。なぜにこれほど集中したのかたまたまの偶然なのかはさておき、あれこれご紹介的な話にはなってしまいますが、今日と次回はそれらに触れながらお話していきます。

  10. 人が亡くなって葬儀から火葬までどう進むのか?~私たち家族の事例~

    前回の「人が亡くなってから葬儀までどう進むのか?~私たち家族の事例から~」に続いて今日も私の親父が亡くなった際の状況を例に人が亡くなってから葬儀までどのように進むのか見ていくことにします。特に私同様に子世代の方には参考にしていただくことがあれば幸いです。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る