相続手続

  1. 法定相続分の預金払い出しが認められくなって注意しておきたいこと

    預金の法定相続分が払い戻しできないさて今日は久しぶりにかためのお話をします。先日2017年(平成29年)4月6日に最高裁判所の第一小法廷にてある「預金返還等請求事件」に関する判決がありました。実はこの判決、以前にお話した相続と預金債権をめぐる裁判の判決だったのです。

  2. このところの葬儀やお墓に関する記事を読んで

    時代の変化と供養今日はこの十日間程で見かけた葬儀やお墓に関する二つの話題を読んでみての雑感をお話しします。まず先に取り上げるのは2017年3月21日と22日の日本経済新聞の夕刊に掲載されていた「130万人のピリオド 今どきの弔い」という記事です。

  3. 相続をめぐる時代とルールの「ずれ」を感じています

    2月末から3月頭にかけて相続に関する報道がいくつか見受けられました。手短ですが、今日はその辺りの話題に少し触れていくことにします。

  4. 相続税対策と養子縁組についての判決を見てみる

    今年(2017年)の1月3日に養子縁組がなぜ相続税対策になるのか?というお話しをさせていただきました。詳しくはリンク先の私のブログ記事をお読みいただければありがたいのですがかいつまんでポイントを挙げると次のようなお話しをさっせていただきました。

  5. 子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その2~

    今回も前回「子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その1~」に次いで、ここ2週間ぐらいの間にメディア等で取り上げられた終活関連の話題についてお話しします。特に子世代側の目線にウエイトをおいて触れていきますので、もしよろしければ参考になさってください。

  6. 子側の目線で終活関連の話題について触れてみる~その1~

    ここ1週間から10日くらいのあいだに「終活」関連に関連する報道やら記事やらがたくさん目に付きました。なぜにこれほど集中したのかたまたまの偶然なのかはさておき、あれこれご紹介的な話にはなってしまいますが、今日と次回はそれらに触れながらお話していきます。

  7. 人が亡くなって葬儀から火葬までどう進むのか?~私たち家族の事例~

    前回の「人が亡くなってから葬儀までどう進むのか?~私たち家族の事例から~」に続いて今日も私の親父が亡くなった際の状況を例に人が亡くなってから葬儀までどのように進むのか見ていくことにします。特に私同様に子世代の方には参考にしていただくことがあれば幸いです。

  8. 人が亡くなってから葬儀までどう進むのか?~私たち家族の事例から~

    今日と次回と備忘録的に私の親父が亡くなったときのことを振り返りながら、葬儀までどういう流れで物事が進んでいったのか、どこで何が困ったのかをお話したいと思います。一例ですが、特に私同様に子世代の方には親世代に万一のことが起きたケースに備えて、よろしければご参考にしていただければと幸いです。

  9. ご遺骨の行き先を考える

    見出しを読んで気の毒なお話しかな?と思ったら、なんだかなあ・・・、という記事がありました。時事通信社が先日2017年1月13日(金)17:13に配信した「コインロッカーに妻の骨つぼ=死体遺棄容疑で74歳男逮捕―警視庁」という記事です。

  10. 納骨堂に固定資産税がかかるというお話し

    昨年は終活支援の一環として、お墓の話を取り上げてきました。(8月に終活とお墓のはなし~その1~というタイトルではじめて~その6~まで6回、また11月に~その7~から~その10~まで4回、都合10回お話しております。もしよろしければあわせてお読みいただけると幸いです。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る