ブログ

「災害時帰宅支援ステーション」を知っていますか?

都内で災害が発生した場合によく指摘される問題が「帰宅困難者」に関することです。

基本的には安全を確保することから考え、勤務中であれば帰宅せずに動かず勤め先で待機するという選択をするところからはじめることになるでしょう。

ただ勤め先等ではなく買い物等にて災害にあってしまった場合は一時滞在するような施設が必要になるでしょう。

またそののち安全が確保された後でも交通機関が動いていなければ徒歩にて帰宅するということになります。

こういった方々を支援する施設が必要になってきますし、また私たちもそういった施設がどこにあるのかも確認しておく必要があるでしょう。

いわゆる「災害時帰宅支援ステーション」といわれるものです。

まず都内では島しょ部を除く全ての都立学校と東京武道館がこれに該当しています。

水道水やトイレの提供、テレビやラジオの災害情報も提供されることになっています。

また練馬区内においては「練馬区帰宅支援ステーション」として区内の公共施設が指定されています。

ここでは一時休憩やトイレ、交通機関の情報提供などのほか簡易食料や飲料水、簡易寝袋などの提供も行われる予定になっています。

具体的な場所は「練馬区帰宅支援ステーション」で検索いただくと区のHPが出てくると思いますのでお近くもしくは勤務先に近いところを確認してみていただくといいでしょう。

練馬文化センターやココネリ、当事務所の近くでも石神井公園区民交流センターが挙げられています。

また東京都と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」を民間事業者もありこれらの事業者の店舗でも帰宅支援に関する情報や飲料水の提供が行われることになっています。

「民間事業者」という表現はかたい表現ですが、言ってみればいわゆるコンビニエンスストアやファミリーレストラン、一部の自動車販売店、ガソリンスタンドなど挙げられています。

さてこういった施設は東京都防災マップで確認することができます。

下記にそのリンク先をご紹介します。

東京都防災マップを閲覧する

お勤め先やよく出かける買い物先などからもし徒歩で帰宅をするようなことが発生した場合、みなさまはどんなルートで帰宅するかを考えられたことがあるでしょうか?

そのルートを一度考えてみていただき、さらに上記の防災マップなどで帰宅途中どこに「災害時帰宅支援ステーション」があるのかなどもあわせて確認いただくことも大切な備えになってくることでしょう。

ぜひ一度検討されてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る