ブログ

ライフプランにとって重要な40代

FPの勉強をはじめた頃、私は30代前半でした。

気が付けばもう40半ば、来月には45歳に到達します。

月日の経つのははやいことです。

このFPの勉強をはじめた際に「年代別のライフプランのテーマ」というものを学びました。

例えば次のような感じです。

「20代はプランニングのスタートです。

ここで結婚という選択をされる方もいらっしゃるでしょう。

30代は住宅取得資金や教育資金の準備の時期であり、遺族保障を手厚くしっかり整える時期でもあります。

40代は家計の資金支出のピークです。

住宅ローンの支払いや教育費等の負担増大、はやい人は老後資金の準備も考え始めます。

50代はリタイアメントプランを考えはじめ、医療や介護に関する保障等も検討する必要があります。

60代は健康な老後を送ることがテーマであり、相続についても考えをめぐらせる時期でもあります。」

このお話しを聞いてから10年以上経ち先日もお話ししたように「100年時代」と言う言葉が出てきました。

「ライフプラン3.0」という言葉も聞かれます。

ただ私がFPの勉強をはじめた頃に教えていただいた「年代別ライフプランのテーマ」とて古くなったわけではありません。

というよりも古いか新しいかという問題ではなく、個人の生き方や家族のつながりなどがより多様化してきたことによって、年代別のライフプランも多様化してきている、ということがより近い表現なのかもしれません。

といってはみたものの・・・。

「年代別ライフプランのテーマ」にある「40代が家計のピーク」という表現は、今もって多くの家庭の方に当てはまることでしょう。

と同時に体調も30代までとは違って疲れが出やすくなったり、変調をきたすこともあります。

また以前にミドルエイジクライシスについてのお話しをしていますが、40代はメンタル面でもいろいろな悩みや迷いを生じやすい時期でもあります。

まず健康面について自己管理をしっかりすることが重要です。

私自身母にも「体のことにお金を使え」と言われました。

それが無理な場合でも可能な範囲で体のケアをこまめにしていくことを考えましょう。

また自分をしっかり見つめつつ苦しい時でも家族と力をあわせて乗り切っていくことが大切です。

共働きの世代が増えてきている中でお互いに感謝して、家族との触れ合いを大事にしてほしいと思います。

独身の私にはうらやましいことですが(苦笑)

金銭面もしっかり見直していくよう心がけましょう。

息抜きやお子さんの経験につながることにお金を使用することはもちろん必要なことです。

しかし普段の暮らしの中に無駄遣いがないか、節約できる点がないか、一度検討してみてもいいですね。

色々な意味で40代はライフプランそのものにとても重要な時期にあたります。

私も含め働き方や家族の形に変化があった方も多く見かけます。

これから40代を迎える方はぜひそのことを頭のすみにおいて過ごしていただければと思います。

最後に私事ですが、弟が先日40歳を迎えました。

大切な時期を家族で力をあわせて乗り切っていってほしいな、と思っています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る