ブログ

代襲相続と兄弟姉妹

前回「代襲相続」についてのお話しをしました。

今日はその続きで兄弟姉妹の間の「代襲相続」についてお話しします。

 

兄弟姉妹と代襲相続の関係

まず兄弟姉妹の相続について条文を挙げてみます。

第889条

 第1項 次に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
     一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。
     二  被相続人の兄弟姉妹
 第2項 第887条第2項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

 

第887条

 第2項 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

長い条文になりましたが、この889条という条文は亡くなった方にお子さんがいらっしゃらない場合の相続人は誰か、ということが書かれています。

お子さんがいらっしゃらなければ次は尊属、つまり父母であり父母が亡くなっていても祖父母が健在であれば祖父母が相続人になるという意味が889条の第1項第1号です。

そしてこの亡くなった方から見て「上」の世代の方がいらっしゃらなければ「横」すなわち兄弟姉妹に相続権がいくことになります。

ではこの時兄弟姉妹が相続人になるケースの「代襲相続」について前回同様図を見てみましょう。

上の図はAさんが亡くなくなった場合における相続です。

Aさんはお子さんがいらっしゃらなくてご結婚もされなかったという方です。

またご両親もAさんの生前にすでに亡くなっています。

(図にはありませんが祖父母もすでになくなっているものと考えてください。)

この場合は先程の民法889条の第1項第2号の規定に従って相続人が兄弟姉妹になります。

ですから本来BさんとEさんが相続人になるはずです。

ところがBさんはすでにAさんよりも先に亡くなられていてBさんにはDさんというお子さんがいらっしゃいます。

この場合はDさんがAさんの相続における代襲相続人となるわけです。

これが先程の民法889条第2項とそれに準用される887条第2項についてのお話しになります。

 

兄弟姉妹に「再代襲」はない

ところで前回「再代襲相続」のお話しをした際に、「「横糸」ともいうべき兄弟姉妹のケースは若干違う「再代襲相続」のルールが出てきます。」とお話ししました。

例えば上の図でもしDさんもAさんより先に亡くなっていた場合、お子さんやお孫さんのケース同様に「再代襲」はできるのでしょうか?

結論から言うと「できない」ということになります。

つまり上図のケースでDさんもAさんより先に亡くなっていた場合に仮にDさんのお子さんがいたとしても、このDさんのお子さんに「再代襲相続」は行われないというわけです。

これは先程の民法889条第2項が引用している条文は887条2項のみで前回お話しした「再代襲相続」に関する887条第3項までは引用していない、というのがその理由になります。

887条第3項を確認します。

第887条

 第3項 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

難しいお話しをしましたが、関係性としては「兄弟姉妹の代襲相続は一代限り」と考えておいていただければいいのではないかと思います。

もし代襲相続も含め相続関係の確認などをしたい、という方は当事務所までお気軽にお問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る