ブログ

独身者の老後の住まいと健康問題

先日から独身者のライフプラン検討時の課題についてお話しています。

初回では独身者のセカンドライフに向けての5つの課題について、その2では特に資力や経済力といった部分でのセカンドライフへ向けての資金準備のお話しをそれぞれしました。

私にとっても他人事ではありませんし、検討していきたいと思います。

さて確認のため初回に触れた独身者のライフプラン検討時の課題としてあげたものを確認してみます。

  1. 資力及び経済力の問題
  2. 住まいの問題
  3. 健康他生活面の問題
  4. 支援者又はパートナー等の有無
  5. 死後の整理について

今回は2つ目の問題からです。

 

どの「住まい」にも一長一短がある

独身者の老後にとって「住まい」も重要な問題です。

やはり高齢の独身者の賃貸住宅への入居は難しい点があることは否めません。

保証人の有無、資力の問題、また万一亡くなった場合のことなどを考えると大家さんの側も二の足を踏む部分もあるでしょう。

また仮に入居できたとしても、亡くなるまでの間滞りなく家賃を支払う必要がありますよね。

したがって前回お話ししたセカンドライフの資金準備では、家賃もいくらぐらいに設定するのかという点も含めて考えておく必要があります。

では持家ならばどうかというと、確かに自分の家ですからこれらの問題は解消されます。

ただ固定資産税やマンションの場合は積立金や管理費の支払いがあることを忘れてはいけません。

が、何よりも注意する点は買い物や病院などといった施設へのアクセスに不便のないところかどうかという点です。

高齢でも体調が万全であればいいのですが、加齢とともに移動手段に制約が出てきた場合、これらの施設にアクセスのいい方がいいですよね。

もしこれから購入しようと考えている方は立地も十分に考慮する必要があることを忘れないでくださいね。

また親御さんの物件を住まいとして相続できる方もいらっしゃるでしょう。

その場合には必要に応じて相続税の準備も考えなければいけませんし、兄弟姉妹など他の相続人のいらっしゃる方は代償分割金などを準備してトラブルのないように心がけたいところです。

もう一つは老人ホーム等の施設への入居です。

ただこれも一つ目の課題でもある資力の問題ともかかわりますが、入所にかかる費用などの資金をしっかり準備する必要があります。

またこれから高齢者の増える中で、施設そのものにも十分な空きがあるのかどうか、私と同じ40代半ばぐらいの方はそのことも頭の隅においておくべきでしょう。

どの住まいにもメリットとデメリットはあります。

住まいはセカンドライフの暮らし方に直結します。

どのような、あるいはどういったところで暮らしていくのかしっかり考えておくようにしてくださいね。

 

独身男性に切実な健康問題と生活能力

3つ目の課題である健康他生活面の問題にいきましょう。

ここは特に男性の独身者の方には耳の痛いお話しになります。

実は以前にも一度お話しした昨年2016年5月14日号の週刊東洋経済の「生涯未婚」という特集の中で「未婚があなたの寿命を縮める」という記事がありました。

この記事によれば既婚男性を1としたときの未婚男性の死亡リスクが心臓発作、心筋梗塞、循環器系疾患、呼吸器系疾患のいずれも2倍以上、特に心筋梗塞については3.5倍という高さになっています。

特に偏った食事を原因とする生活習慣病からの健康問題ということが大きいようです。

と人ごとのようには言えませんで、ここでは何度かお話ししていますように私も高血圧持ちでございます。

病院に毎月通い、日々の生活も注意をしていますが、油断をするとストレス太りなどを起こして血圧等に影響をあたえます。

また私はほとんど飲みませんが、お仕事によっては飲酒の多い方も多いでしょう。

健康管理はしっかりできているでしょうか?

今はよくてもセカンドライフを迎えた際に体調を崩すようなことになっては、病院や場合によっては介護をしてもらうためにお金をかけなくてはいけなくなるでしょう。

また家事能力にも自身のない方はいらっしゃるのではないでしょうか?

最近40歳代の孤独死の話などが時折ウェブや雑誌等で散見されます。

週刊SPA!さんでは折々取り上げられているようです。

「セルフネグレクト」と呼ばれ生活環境の改善が難しいケースも最近耳にするようになりました。

40代は忙しい時期でもありますが、将来に向けて規則正しい生活や適度な運動、自炊や片付けなどの家事もしっかりこなせるようになることが重要なポイントになりますよね。

私も行き届かない点が多々ありますが、それでもなるべく自炊派です。

片付けはちょっと苦手ですが・・・。

何はともあれ体調の悪化は準備してきたセカンドライフ用の資金の流出につながります。

健康診断の結果が出ても放置している方はきちんとお医者さんに行きましょう。

早いうちに手を付けることが、長い目で見ればセカンドライフを守ることにつながるという想いを忘れないでくださいね。

 

関連記事

ページ上部へ戻る