ブログ

相続手続と法定相続情報証明制度

相続手続きを簡素化させる「法定相続情報証明制度

本日2017年5月29日より新たに「法定相続情報証明制度」がスタートします。

当事務所でも本日よりこの取り扱いを開始しますので、ご依頼やご相談などお気軽にお問い合わせください。

この制度は法務局に戸籍謄本等相続関係のわかる書類と法定相続情報の一覧図など必要書類を用意して申出書とともに提出すれば、法務局が認証文のある一覧図を発行してくれるというものです。

相続手続きを簡素化させる一助となるであろう制度になるのではないかと思っています。

と、まあ似合いもせず難しめな表現を使いましたが、要するに戸籍謄本等を複数セット集めなくてもいい、というところにメリットがある制度なんですね。

相続手続きといえば金融機関や法務局、税務署、ケースによっては保険会社など様々なところに戸籍謄本等を提出することが必要になってきます。

一束(1セット)でも用は足りますが、その場合原本を使い回しするような事態もあるわけで、相続手続きに時間がかかることになります。

また複数セット取得するにはコストもかかります。

戸籍謄本は1枚450円、除籍謄本及び改製原戸籍謄本は1枚750円です。

郵送で遠方の本籍地から取り寄せをかけるのであれば郵送費用等もかかります。

複数セット必要であればさらに数は増えますし、転籍の多い方であれば1セットの枚数そのものが多くなるでしょう。

そういったコストもこの制度を利用すれば、その部分においては助かる部分もでてくることになるわけです。

なお制度の詳細については法務省や法務局のウェブサイトに記載がありますのでよろしければ参考にされてください。

なお先週金曜日に法務局に電話で問い合わせた感じでは申し出をして即日交付という感じではなく、数日時間がかかるようなお話でした。

法務局側としても誤りの無いように戸籍類に抜けているものがないか、一覧図にあやまりがないかをきちんと確認する必要があるからでしょうね。

ただこれは東京のお話でして、実際には各法務局さんの完了日程を必ず確認していただくことになりますので、ご注意くださいませ。

 

戸籍類を正確に収集取得することが重要

ところでこの制度を利用するには何よりも戸籍謄本類を正確に抜けることなく収集取得することがポイントです。

と言うよりも相続手続きですから、この戸籍謄本類を見て相続人を特定することが相続手続きの第一だからです。

このあたりは以前に相続と戸籍謄本収集のはなしというお話をここでもしています。

あわせてお読みくだされば幸いです。

ただ戸籍謄本や古い除籍、改製原戸籍などを読むにはちょっと骨が折れてしまうことがあるのもまた事実です。

今80歳代や90歳代の方の戸籍を出生までさかのぼると、戸主(今は筆頭者ですが、かつての制度では「戸主」でした。)の方が「安政○年」とか「慶応○年」とかのお生まれであるものがごく普通に出てきたりします。

歴史にちょっと関心のある方であればご存知のように幕末の元号ですよね、これって。

また昭和32年の改製される前の戸籍ですと、今の制度でいう戸籍の流れが書かれている「戸籍事項」と戸籍の中の各人の流れが書かれている「身分事項」が「戸主」の方の欄にはいっしょに書かれています。

気をつけて読んでいかないと大切な部分を落としてしまうこともあるんですね。

つまりどのように追っていけばよいか知識や手間暇のかかるものだったりもします。

それでも平日にお時間の取れる方であれば当該戸籍などを保管しているお役所の方に聞いてみる手もありますが、お仕事などでお忙しくお時間の取れない方もいらっしゃるでしょう。

その場合にはコストはかかりますが、私も含め専門家に相談することもぜひご検討いただければと思います。

思えば私も師匠のところにいたころから、この制度のもとになる「相続関係説明図」、どれだけ作ってきたことか・・・。

この間所要があって師匠のところに顔を出した際に、ざっと勘定してみたところ在籍20年くらいで多分500~600枚くらいは作ってきた感じですね。

一時期仕事の兼ね合いで相続手続き関係のお仕事ばかりしていた時期がありまして、多いときには1年で50枚に少し欠けるくらいの枚数を作成しておりました、ハイ。

他の仕事もある中で、毎日のように戸籍とにらめっこして追いかける作業をしておった気がします。

近隣の区役所や市役所等で取れるものばかりではないですから、郵送等も膨大な数になりました。

でもここで鍛えられたおかけでこの辺の知識には自分でもちょっと自信あるんですよ(笑)

ご自分でのお手続きに不安のある方はぜひ一度お声をかけてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る