ブログ

はじめての御朱印

御朱印と御朱印帳

今日は、お仕事がらみではなくひとりごとです(^_^)

先日、人生初の「御朱印」をもらってきましたのでそのお話しを。

と、そもそも「御朱印」って何だろう?という方もいらっしゃるかと思います。

起源はいろいろあるらしいのでおいといて、すごくシンプルに言ってしまえば、寺社さんにお参りにいった際に参拝者の方に対していただける印影のようなものだと考えていただければと思います。

墨でその寺社さんのお名と参拝の日付などを記していただき、そこにその寺社さんの朱印を押印いただくような感じですね。

イメージがわきにくい方は「御朱印」を画像検索していただくと、どういったものかわかっていただけるのではないかと思います。

最近では各所の寺社さんにお参りして、御朱印を頂戴する趣味をお持ちの方もいらっしゃるそうです。

寺社さんそれぞれにいろいろな種類があるそうで、またその場で書いていただけるものやあらかじめ書いていただいてあるものなどもあるそうです。

また御朱印を各寺社さんで集めるための専用のものとして御朱印帳があります。

各寺社さんでオリジナルのものもあったりしますし、文具店や最近ではネット通販などで購入できるものもあるようです。

そんな御朱印ですが、一度どんなものか実物を拝見していたいなと思っておりました。

またせっかくその後朱印をいただくならば一度お伺いしたいと思っていた神社さんがありましたので、そちらにお伺いする機会にとも考えておりました。

先日外出時、その一度お伺いしたいな思っていた神社さんの近くを通ることがあったので参拝してきました。

普段割とお寺さんのお話しが出ることの多いこのブログです。

お寺さんに伺うだけでなく、神社さんにも伺うとは節操がない、と思われるかもしれませんが、まあそれはそれということで。

 

目の前で書いていただけた

お伺いしてきた都内の神社さんはかけ事や金運、お仕事などにご利益があるという事で知られているそうです。

新年度でもありますし、ゲン担ぎもかねてお寄りして参拝してきたというわけです。

平日だったのですが、思えば春休み中だったからか若い方が参拝される様子も見かけました。

そういえばネットの情報などではコンサートのチケットがあたるようにと、こちらの神社さんで絵馬をかける方もいらっしゃるようで、それで若い方も多かったのかもしれませんね。

手水舎で手や口を清めて、お参りをすませ、受付で御朱印をお願いしました。

御朱印をもらうこと自体はじめてですから御朱印帳も持っておりませんでしたので、御朱印がある御朱印帳を頂戴する形でお願いしました。

ノートやメモ帳にもらうのはさすがに失礼だろうというお話しになりますからね。

ちなみにこちらでいただいたものは、その神社さんのお名前入りの立派な御朱印帳です。

聞いた話ではこのような各寺社さんごとのオリジナルの御朱印帳を集めている方もいらっしゃるそうですよ。

で、平日だったせいか、御朱印をお願いする方はいらっしゃらなかったので、すぐに受けていただけました。

しっかり墨をつけて丁寧に目の前で書いていただく様子に思わず関心することしきり。

そして当然なのかもしれませんが、本当に達筆。

静かにその様子を見ていると、御朱印をいただくことを趣味にしている方がいらっしゃるということもうなづけるところがありました。

とはいえメインはあくまでお参りをすることですから、そこは間違えてはいけませんけどね。

書かれた後に丁寧に和紙をはさんでいただいた御朱印帳を頂戴しました。

御朱印と御朱印帳で初穂料1500円。

書いていただいている間の所要時間は図っていませんでしたが、5~10分程度だったのではないでしょうか?

ちなみにこれもネットのお話しですが、お伺いした神社さんの場合、土日は御朱印をいただきたい方がけっこう待たれることもあるような記載も見かけました。

他の寺社さんでも待ち時間の長いところや、受付時間を制限しているところなどもあるそうです。

また前半にも触れましたが、あらかじめ書かれている御朱印を用意されているところや、御朱印をおこなっていないところもあるとのことでした。

御朱印はお札やお守りと同様のものとの考えもあるそうですが、私もぜひ大事にしたいところです。

あわせて別のお守りもひとついただいて帰途につきました。

新年度早々の天気のいい日にいい寄り道ができました。

ご利益ありますように・・・。

 

関連記事

ページ上部へ戻る