ブログ

養子縁組・離縁と氏・戸籍

前回はいきなり養子を離縁するお話しの、しかも「死後離縁」とは何か?というお話しをさせていただきました。

で、前回の最後のほうで「子の氏」のお話しをしましたが、その際「離縁の場合は養子の年齢や家族構成例えば養子が婚姻しているかどうかなどによっても違ってくるところがあります」ということを申し上げました。

が、養子関連のお話しは氏にしろ戸籍にしろ離縁だけでなく縁組の際にもいろいろ規定があります。

そしてこれはケースによっては相続など戸籍謄本等を取得する時に知っておくと便利な知識もあるんです。

そこで、前回とは順番が逆にはなりますが、今日は普通養子縁組と氏や戸籍のことのうち代表的なものをお話しさせていただくことにしますね。

 

縁組と氏、戸籍

まず縁組をすると氏と戸籍はどうなるのでしょうか?

氏については前回もちょこっと触れましたが一応条文を確認するとしましょう。

民法第810条です。

(養子の氏)
第810条
養子は、養親の氏を称する。ただし、婚姻によって氏を改めた者については、婚姻の際に定めた氏を称すべき間は、この限りでない。

前回お話しした内容と全く同じことを恐縮ですが確認します。

「基本的に養子縁組をすれば「養子」は「養親」の氏を名乗ることになります。

ただし例えば結婚して夫の名字を名乗ることにした妻が、結婚後に特定の人物と養子縁組をしても夫の名字のままに決まっていますから、この場合は名字は変わりません。」

この「」内が前回お話ししたことですが、つまりこれが810条の趣旨です。

ではこのケースにおいて今度は戸籍はどうなるのでしょう?

戸籍法の第18条第3項には「養子は、養親の戸籍に入る。」という非常に短く簡潔な条文があります。

これが大前提です。

ところが養子がすでに結婚していて養子自身を筆頭者とする戸籍があるとします。

昔のいわゆる「三代戸籍」が禁止される前の戸籍を見ていると、子供の妻も親の戸籍に一緒に入っているものがありますが、今はムリですね。

で、この場合はどうなるのかというと、この養子夫婦の新しい氏の戸籍が作られることになります。(戸籍法第20条に規定があります。)

それともう一つ大事なことがありまして、この夫婦に子供がいた場合は何もしないと名字を変える前の戸籍に子供をおいてきてしまうことになるんです。

つまりお子さんの名字が変わらない、という話なんです。

そのためにお子さんを新しい戸籍に連れていく場合には、民法第791条第2項の規定にしたがって「子の氏の変更」届で一緒に入籍させることを忘れないようにしないといけません。

なおこの場合は先日死別や離婚によって「名字」はどうなるのか?でお話しした父母が離婚しているケースと違って、婚姻中なので家庭裁判所の許可はいらないということになります。

これも民法第791条第2項に書かれているところです。

 

離縁と氏、戸籍

次に離縁をした時の氏や戸籍のことについて考えてましょう。

前回もお話しした離縁の際のルールをもう一度確認します。

(離縁による復氏等)
第816条
 1.養子は、離縁によって縁組前の氏に復する。ただし、配偶者とともに養子をした養親の一方のみと離縁をした場合は、この限りでない。
 2.縁組の日から七年を経過した後に前項の規定により縁組前の氏に復した者は、離縁の日から三箇月以内に戸籍法の定めるところにより届け出ることによって、離縁の際に称していた氏を称することができる。

確認も含めて前回とまったく同じ内容をお話しします。

「元の名字、つまり氏に戻ることが原則となります。

ただ養子の場合の注意点はまず816条第1項のただし書きの部分がまず一つ。

つまり養親が養父・養母と二人いる場合、例えば養母とのみと離縁しても養父とは縁組が継続してるので、養子の名字に影響がないことになってきます。

それと第816条第2項も注意点でして、縁組していた時の名字を養子が名乗り続けたいと思っても、離婚の場合と違い「縁組の日から七年を経過した後に前項の規定により縁組前の氏に復した者は」という条件がついています。

つまり養子の時の名字を7年間は名乗っていないと離縁後にその名字を使い続けることができなくなるというわけです。」

以上「」内が前回お話しことです。

ではこの際、戸籍はどうなるのでしょうか?

戸籍法の条文を確認しましょう。

戸籍法第19条第1項です。

第19条

 第1項 婚姻又は養子縁組によつて氏を改めた者が、離婚、離縁又は婚姻若しくは縁組の取消によつて、婚姻又は縁組前の氏に復するときは、婚姻又は縁組前の戸籍に入る。但し、その戸籍が既に除かれているとき、又はその者が新戸籍編製の申出をしたときは、新戸籍を編製する。

つまり元の戸籍にもどることが原則なのですが、元の戸籍がすでに除籍されているときや、新しい戸籍を作ることを希望した場合には新しい戸籍を作ることになるわけです。

で、注意ですが、冒頭に「養子縁組によって氏を改めた者が」とあります。

ですから夫婦で夫の氏を名乗っている妻が、仮に養子離縁をしたとしても、夫が筆頭者の戸籍は動かず、戸籍の妻の「身分事項」と言われる欄に「離縁」の記載がされるだけになります。

それから前半のところで、婚姻中の戸籍の筆頭者が縁組をした場合に「子の氏の変更」を一緒にする必要があることをお話ししましたが、離縁の場合もまた同様に子供を離縁後の新戸籍に連れてくる場合に「子の氏の変更」が必要になります。

ということで、代表的なものをお話ししました。

なんとなくお気づきいただけたかと思いますが養子と氏と戸籍のお話しは結構複雑なんです。

縁組等を検討されている方でこの辺りがどのようになるのか気になる方はきちんと確認することが必要ですね。

 

関連記事

ページ上部へ戻る