ブログ

「死後離縁」とは何か?

先日「死後離婚」と呼ばれる「姻族関係終了届」とは?というお話しと死別や離婚によって「名字」はどうなるのか?というお話しをさせていただきました。

親族や戸籍に関するルールはなかなか難しくまた理解しにくい面も多いのかなと感じています。

これらのお話しの中で、もう一つ「死後離縁」という仕組みもあるのですが、みなさんご存知でしょうか?

これは普通養子縁組をした親子つまり養親と養子の関係においてどちらかが亡くなった場合、生存している側から親族としての関係を終了させるための制度です。

どちらかと言えば頻繁に登場するお話しではないかもしれませんが、今日はこの「死後離縁」について、ちょこっとですがお話しすることにします。

 

「死後離縁」の条文を確認する

まずはこの「死後離縁」に関する条文を確認しましょう。

民法第811条第6項です。

民法第811条

 第6項 縁組の当事者の一方が死亡した後に生存当事者が離縁をしようとするときは、家庭裁判所の許可を得て、これをすることができる。

養子縁組を離縁する場合も、婚姻関係を解消するのと同様に「協議上の離縁」と「裁判上の離縁」とがあります。

そして冒頭のリンク先で以前にお話しした「姻族関係終了届」と同様の制度も設けられていまして、これが先ほどの条文を根拠にしているいわゆる「死後離縁」にあたるわけです。

離縁をするとどうなるのでしょうか?

その答えもやはり民法の条文に出てきます。

第729条です。

(離縁による親族関係の終了)
第729条
 養子及びその配偶者並びに養子の直系卑属及びその配偶者と養親及びその血族との親族関係は、離縁によって終了する。

したがって「死後離縁」以後は親族ではなくなって以前にもお話したいわゆる扶養義務などがなくなることになります。

さてこの「死後離縁」といわゆる「死後離婚」のとの間には大きな違いが一点あります。

まず一つは先ほどの民法第811条第6項の条文にある「家庭裁判所の許可を得て」の一言です。

詳しくは冒頭のリンク先を併せてお読みいただければ幸いですが、「死後離婚」こと「姻族関係終了届」では、戸籍の届を出すだけで家庭裁判所の許可については必要ありませんでした。

これに対して「死後離縁」では条文通り「家庭裁判所の許可を得て」その書類を添えて役所に届を出すことになるわけです。

また注意する点として民法第811条第6項の条文が「生存当事者が離縁をしようとするとき」となっていることがあげられます。

この「生存当事者」というのは「養親」かもしれないし「養子」かもしれません。

つまり親でも子でも「生きている側から」関係終了を希望できるというところには注意が必要です。

「姻族関係終了届」の時は生存している当事者は配偶者だけでしたから条文(民法第728条第2項)の上でも「生存配偶者が」と記されているの対し、離縁の場合は生存当事者は「養親」か「養子」かはいずれの可能性もありえます。

ですから当事者は「養親」かもしれないし「養子」かもしれませんわけですね。

 

「子の氏」はどうなるのか?

さて離縁した場合の「子の氏」の問題はどうなるのでしょうか?

離縁の前におさえておくこととして、基本的に養子縁組をすれば「養子」は「養親」の氏を名乗ることになります。(民法第810条本文に書かれています。)

ただし例えば結婚して夫の名字を名乗ることにした妻が、結婚後に特定の人物と養子縁組をしても夫の名字のままに決まっていますから、この場合は名字は変わりません(民法第810条だだし書きに書かれています。)

では離縁をした場合はどうか、条文を見てみましょう。

民法第816条です。

(離縁による復氏等)
第816条
 1.養子は、離縁によって縁組前の氏に復する。ただし、配偶者とともに養子をした養親の一方のみと離縁をした場合は、この限りでない。
 2.縁組の日から七年を経過した後に前項の規定により縁組前の氏に復した者は、離縁の日から三箇月以内に戸籍法 の定めるところにより届け出ることによって、離縁の際に称していた氏を称することができる。

基本的には「離婚」のケースと同じです。

元の名字、つまり氏に戻ることが原則となります。

ただ養子の場合の注意点はまず816条第1項のただし書きの部分がまず一つ。

つまり養親が養父・養母と二人いる場合、例えば養母とのみと離縁しても養父とは縁組が継続してるので、養子の名字に影響がないことになってきます。

それと第816条第2項も注意点でして、縁組していた時の名字を養子が名乗り続けたいと思っても、離婚の場合と違い「縁組の日から七年を経過した後に前項の規定により縁組前の氏に復した者は」という条件がついています。

つまり養子の時の名字を7年間は名乗っていないと離縁後にその名字を使い続けることができなくなるというわけです。

これは大事なところです。

で、「死後離縁」であってもこの辺りのルールは基本的に変わらないことになります。

つまり「離縁」である以上、この民法第816条の規定に沿った扱いになるわけですね。

で、この場合戸籍については基本的に縁組前の戸籍に戻ることが原則となりますが、例えば先程の第816条第2項のように離縁時の氏を名乗るのであれば元の戸籍にはもどれません。

ですからその場合は新しい戸籍を作ることになってくるわけです。

この辺りの戸籍のことは、離縁の場合は養子の年齢や家族構成例えば養子が婚姻しているかどうかなどによっても違ってくるところがありますので、注意が必要なところです。

ちなみに今回のお話しの最初のほうで「普通養子縁組」と書きましたが、最近報道等で時折取り上げられることのある「特別養子縁組」ではこの「死後離縁」はできませんので念のためご承知おきくださいませ。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る