ブログ

8月は意外に出費の多い月

今日から8月ですね。

とはいえ梅雨明け以降のほうが梅雨のような天気になり、さらに台風の動きも気になるなどあまり天候がさえない部分もありますよね。

ただそれでも8月です。

行楽や帰省、海外旅行なども増えますし、お子さん方の夏休みなども重なります。

お祭りや花火大会、野外フェスなど様々なイベントもありますし、最近はお子さんの自由研究を意識したような催し物もあるみたいですね。

となってくると、実は家計の負担が比較的多くなりがちな月でもあるわけです。

 

もともと旅行等にいくら使うか?ということはある程度キャッシュフロー表で予算を決めておいていただくことが理想ではあります。

実際、その予算内で収めようと考える方もいらっしゃるでしょう。

もちろん約1か月前にボーナス等をいただいて懐具合も大丈夫、という方もいらっしゃるかもしれません。

が、それでも羽目を外し過ぎて予算より出費が多くなった、なんてこともありがちですよね。

思い当たる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ケースによっては預金を取り崩しようなことも出てくるでしょう。

またクレジットカードを利用される方もおられるとは思います。

利用時期に応じて引き落としが1か月や2か月先という感じになりますからきちんと引き落とし時期を意識しておく必要もあるわけです。

また特に注意したいのが細かい出費です。

具体的に言えば旅行先でのお土産を必要以上に買い込んでしまったりするケースが典型でしょう。

あとでレシートを見てみたら

「え、こんなに買っている・・・」

などということも耳にする話です。

細かいことではありますが、観光地の雰囲気に気をよくした衝動買いなどには十分に注意してくださいね。

まあそんなことばっかり言っていると

「せっかくのお休みが楽しめない!」

とお叱りをうけるかもしれませんが・・・。

 

もちろん楽しむイベントばかりではないですよね。

お子さんの受験等が控えているご家庭の方は夏期講習などの費用もかかるかもしれません。

もちろん今年の夏期講習などの費用は教育費の中でしっかり準備されている方が多いと思います。

そもそも教育費はキャッシュフローを作成する中では年単位で検討していくことが基本です。

ですから夏期講習だけの費用を考える、ということはあまりないともいえます。

それでもやっぱり気になるところですよねえ・・・。

特に重要なのは来年以降にそういった状況が控えているご家庭のケースですね。

早め早めの情報収集も必要になってくると思います。

お母さま方のネットワーク等でどのくらいの費用がかかるのか探ってみることも重要ですよね。

 

何はともあれ1年でもっとも暑い時期です。

熱中症などに気を付けてみなさん充実した夏にしてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る