ブログ

「祭祀に関する権利の承継」とは?

終活とお墓のはなしというテーマでお話しをしています。

~その1~では終活や関連業務に対する私の想いや終活の総論としての四つのポイントお話し、~その2~では「墓地、埋葬等に関する法律」と「火葬許可証」やいわゆる「手元供養」のお話しをしました。

今日はいわゆる「祭祀」などに関するお話しをしたいと思います。

 

民法には「祭祀」に係る規定がある

いろいろな法律系の試験ではほとんど出題されることがないのですが、生活に関してはとても重要な条文というものが民法にはあります。

その一つが「祭祀に関する権利の承継」といわれる民法897条です。

引用してみましょう。

(祭祀に関する権利の承継)

第897条 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

第2項 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

この条文の第1項でいう「前条」すなわち第896条は「相続の一般的効力」と言われる相続に関する一般的な規定だと思っていただいてけっこうです。

つまりこの897条の規定は若干乱暴な言い方をすれば「お墓など先祖を敬うためのものに関しては相続財産から除かれている」ということを意味しています。

ですから昔の「家督相続」というものがあった時代であれば家督を継いだものがこういった「祭祀」すなわちご先祖様を敬う行為に必要なものを引き継いでいくことになったのでしょうが、現在の民法相続編ではそういう規定にはなっていません。

また公正証書遺言を作成するときに公証人の方と打ち合わせしていると「祭祀の件はどうするのか」というお話しが出てきます。

実際公正証書遺言を作成した際には次のような文言が入ることが多いです。

「遺言者は、遺言者の祭祀の主宰者として前記○○を指定し、同人に祭祀用財産の一切を承継管理させる。」

ここでいう「前記○○」は相続人のことであることが多いためこういう表現になります。

財産の相続分を指定するのとは違う項目を一つ設けるわけです。

これが先ほどの897条第1項のただし以下の文章の意味の一つになるといえばわかりやすいでしょうか。

で、そういう定めもなく慣習もなければ家裁にお願い、ということになります。

またこの条文の中には「墳墓の所有権」という言葉が出てきます。

しかしこれはご存知の方も多いと思いますが、お墓の土地は基本的に所有権を取得できる類のものではなく、使用料を払うことになるもので、所有権ではなくさしずめ「利用権」という感じのものになります。

大概その土地の上には墓石を建てるでしょうからこれには所有権はあるわけで、土地の利用権と墓石の所有権の二つがセットになっているということになりましょうか。

またそこに入っている遺骨に所有権があるのか、という点もありますが、最高裁判所の平成元年7月18日付の判例によれば

「遺骨は慣習に従って祭祀を主宰すべき者に帰属する。」

とのことですので基本的には祭祀を承継した方に所有権があることになりますかね。

で、この「祭祀承継者を誰にするのか?」という点がなかなかに現在では難しいところになるわけです。

 

祭祀主催者になってとしても・・・

先ほど遺言を使って祭祀承継者を指定できるというお話しはしました。

とはいえ実際に指定されれば維持管理をしていく必要性は出てきます。

年間利用料を払う方もいらっしゃるでしょうし、檀家さんであればお寺さんとのお付き合いもおろそかにはできません。

またお墓詣りに行くのに距離があれば、そもそもお墓詣りそのものが大きな負担になることもあります。

このあたり核家族化が進み地方から都市部へ流出する方が増えたり、最近ではご夫婦でも別々のお墓がいいという考えの方もいらっしゃったり、どのような供養の方法をしていくのかみなさん悩まれているところかと思います。

実際、最近の「改葬」を求める動きが各媒体で取り上げられるようになったのも、そういった「家」を単位にした供養の形を維持することが難しくなっているからでしょう。

ところが地方の実家の墓を「改葬」して子どもたちの家の近くに墓をもってこようと思うと、様々な問題が持ち上がります。

①「改葬」費用の出費

新たな墓地や墓石、お骨の引っ越しなど費用のかかることが出てきます。

②親族の反対

家族がそれで納得していても周辺の親族の反対にあう事例はあるでしょうね。

それで親族関係がこじれたなんてお話しもお聞きしたことがあります。

③手続きに時間がかかる

お寺の檀家さんなどになっていれば、当然離檀の折衝や墓じまいなどの手続きをお願いすることになりますし、役所の方でも改葬の手続きに書類等申請しなければなりません。

とさっと考えただけでも3つの心配事が出てきました。

亡くなった親やご先祖さんをきちんと供養する気持ちを子供世代が持ちながらも今の生活に負担がかからないようにしたい部分もあるでしょう。

またあるいは親世代から見てもどのようにするのが子供たちに迷惑をかけないかなどということも考えてあげたい想いもあると思います。

そこで最近はいろいろな供養の仕方が出てきました。

次回はそのあたりをお話ししたいと思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る