ブログ

練馬に住んではや21年

今日はつらつらととりとめもないお話しです。

練馬区に住み始めて21年になります。

この街に住むきっかけになったのは大学卒業後最初に入社した会社の指示でした。

入社前にあてがわれたのが江古田駅からほど近い借り上げアパートだったんですね。

にもかかわらず配属は千葉のほうの営業所だったんですけど・・・。

今思えば計画性のない会社ですよね、ホント。

とまあ昔の文句はさておいて。

それでも千葉のほうにも借り上げ社宅があったにもかかわらず、当時の彼女さんやら大学の仲間が近くに多かった江古田からがんばって通い続けておりました。

というより最初の会社を辞めることを入社からそんなにたたないうちに決めていたからかもしれません。

次の職場は西東京市にあるので、もう少し江古田より家賃も下がるし通勤時間も短くなる上満員電車に巻き込まれずにすむと思って石神井公園駅からちょっと歩くけど、今の自宅を選びました。

ちなみに事務所からもちょっと歩きますけど今は徒歩通勤になりました。

そんな経緯で始まった練馬暮らしですが、実は大学の友人が練馬に住んでいた人が多く、けっこう夜とめてもらったりしていたもので学生のころから縁があったのかもしれません。

住んでみてありがたいことは関越自動車道のインターに近いので実家の群馬に帰るのに1時間半程度で戻れることでした。

特に親父が亡くなって今はおふくろが実家で一人暮らしをしています。

弟が近いところに住んでいますが、それでも車で1時間半で戻れる距離はありがたいといえばありがたいところです。

そういえば母方の祖母は90歳を過ぎていまだ健在ですが、若いころ練馬に住んでいたらしく私に今でも

「どこに住んでるの?」

と聞くので、

「練馬だよ」

と答えると、

「おばあちゃんも練馬に住んでてね、大根が・・・」

という会話を帰省して祖母と会った時には何度も繰り返しております。

とはいえこれも一つの縁なのかもしれません。

練馬の名前が出たときの祖母は若いころを思い出すのか、やっぱりうれしそうですからね。

それにしてももう21年住んでいるのだからきっとここは住みやすいのでしょうね。

ただなんせ独身の一人暮らしが悲しいかな長い上に、昼間は仕事をしていますから、長く住んでいる割には意外と知らないところがあるのもまた事実です。

友人知人に「こんなところあるじゃん」とか「こんなとこ知ってる?」とか話が出るのですが、意外にわからない・・・。

おまけになんせお酒がそんなに強いわけでもないもんで、あまり飲みの席にもいかないので、流行ってる飲み屋さんとかまったくもって不明だし・・・。

それでも21年もの間変わらず住んでいるというのはやはりどこかこの街に住みやすさがあるのだと思います。

不思議な居心地の良さというものですかね。

そして年々便利になっていくことを感じています。

駅前の整備なども進んでいて自分が住み始めてからも石神井公園の駅前や時折いく練馬の駅前などもずいぶん変わりました。

道路も変わったりしましたっけね。

開業して昼間練馬にいる時間も増えました。

長く住んでいる割に意外に今まで見えなかった自分の住んでいる街を、そして郷里と同じく自分の人生の半分の時間をまもなく迎えることになるこの街を、もう少しいろいろ深堀してみようと思っています。

そしてこの練馬で、行政書士として、ファイナンシャルプランナーとして、そしてキャリアカウンセラーとして少しでも地域の方のお役に立てるように精進していきます。

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る