ブログ

私が人前で話せるようになった3つのポイント

先日あるテーマで通っていた講座の中で、3分程度ですが人前で話すことがありました。

準備時間が足りず頭の中がうまくまとまっていなかったせいとメモ程度の準備でほぼアドリブだったため、わずかな時間とはいえ久々に足が震えました。

とはいえ台があったので周りからは見えなかったようです。

あとで何人かの方とお話ししたのですが、どうやらまったくそんなことは気づかれなかったようで、中にはやはり社交的な感じに見てくださる方もいらっしゃいました。

まあ小さな笑いを取りに行ったりしたせいもあったのかもしれませんがね。

無事笑っていただけて何よりでした。

 

つらかった人前で話すこと

さて以前に私は人見知りだというお話しをしました。

ですからとても人前でお話しをするなんてことは想像不可能でした。

何がってトラウマがひどいもんで。

小学校のころ学校で「何とか委員会から今月の目標の発表です」みたいなものが朝礼であったんですね、月に1回。

で、小6の折、当時学校新聞を作る委員会の委員長だった私は毎月1回全校生徒の前で話すんですけど、これがまあつらいつらい。

朝礼台の上で足は震える、声は震える始末。

当時の委員会担当の年配女性の先生は

「上野君はなんであんなに緊張しちゃうのかしらねえ・・・」

と言ってたらしいのですが、今思っても「だったらなんかアドバイスくれよ」って思いますよ、ハイ。

当時小1だった私の弟は友達に

「お前の兄ちゃんいつも震えてるよな」

といわれたそうです。

弟よ、ホントすまん。

それ以降もどういうわけかそれほど得意ではないのに人前で話す機会が何度か来たのですが、まあ直前まで気持ち悪くなるは胃は痛いわでホントに厳しい時代でした。

自己紹介一つまともにできなかったですからね。

それが気が付けばセミナーの講師をやらせていただけるような状況になりました。

何が変わったのでしょうか。

 

人前で話すことができるようになった3つのポイント

30代前半のころFP向けの実務を学ぶ講座に通った時期がありました。

私の講師としてのデビューはそこでの勉強がきっかけです。

以来毎回うまくいったわけではなく、もちろん穴があったら入りたいほど失敗した講師役もありましたが、おおむねなんとかいい評価をいただいております。

私自身も昔ほど苦ではなくなり最近はなんとか難しい話題でもわかりやすく笑ってもらえるようにしようと考えられるようになりました。

では何が変わったのでしょうか。

それには3つのポイントがありました。

①100の資料集めと10の発信

先ほどお話しした講座では、セミナー等で話せることは調べて準備したことの「氷山の一角である」と教えていただきました。

10調べて10発信するのでは、内容が薄くなります。

でも100調べて100話すのでは時間が明らかに足りなくなります。

今あげた100とか10という数字はもちろん例ですが、話すことも書くことも結局最後は調べたことを削る作業だといわれます。

ホントにポイントとして話せることを絞っていくと同時に大事なことも浮き出てくるのですね。

②練習すること

以前自分が所属している勉強会が終わった後の懇親会で出席者の方から

「えっ、上野さん練習してるの?口からアドリブで話してるかと思った」と言われましたが

「そんなわけないでしょう!」と笑顔で力強く返したことはいうまでもありません。

開業したての私ですから、以前はお勤めしながら師匠の了解を得てFPとして講師をさせていただいた程度なので、それほどたくさんの経験があるわけではありませんが、私が一人で話した最大時間のセミナーは6時間です。

ねっ、人前でガクブルになる人が6時間も話すって、そんなもんしっかり準備しなくちゃダメに決まってるじゃないですか。

そして練習なしにうまくいくことはありえませんよね。

現在プロ野球中日ドラゴンズのGM落合博満さんの著書「采配」にはこんな言葉が出てきます。

「不安だから練習する。練習するから成長する」

「不安もなく生きていたり、絶対的な自信を持っている人間などいない」

(落合博満著 ダイヤモンド社発行「采配」29ページ、33ページより引用)

そうなんです。

別にこんなすごい人の例をわざわざ持ってきた意味は、逆に言えばこんなにすごい人でもこうなのだから、凡人の私はもっとだよね、という話なのですよ、ハイ。

ちなみにたくさん練習すると紙をみて話さなくてもいいくらい頭に入ります。

練習時間がとれない方でもちょっとした隙間時間に話す予定のことを断片的にでも思い返してみるだけでけっこう頭に残りますよ。

③時間を守る

講演会とか講座とか出席するとけっこういらっしゃるのが講師の方が話したいことが多すぎて時間を超過するケースです。

たしかに講師の方はたくさん伝えたいことがあるわけで、時間を押しても話してくださる場合はある意味とても熱心な方でいらっしゃいます。

ただ聴講してる方の中には次の予定がある方や自宅に戻らないといけない方など様々な背景をお持ちの方もいらっしゃいます。

オーバーするけど帰ってもらってかまいません、というのでは残れる人と帰らざるを得ない人との間で不公平が生じます。

何より聞いてる側って実は話し手よりも大変だったりします。

よほどの人気のある講師の方ならばオーバーしてもサービスですみますが、私のような凡人はやはり時間を何度も図りながら準備をします。

時間のコントロールはとても重要です。

私が勉強したところでは話す時間の「3分の1」を経過したところで巻くか伸ばすかを考える、と言われました。

練習しても時間どおりにいかないこともあるわけで、その対処をその場その場で考えていく必要があるということです。

 

と人見知りでガクブルの私が何とか話せるようになったポイントを自分なりにまとめてみました。

もし自己紹介とかしなくちゃいけないけどどうも苦手で、という方はよかったら試してみてくださいませ。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る