ブログ

開業して感じたこと

ありがたいこと

開業時に細々と地味に始めようと思っていたので、あまり積極的に手紙やら挨拶状やらメールやらというものをお送りしないで、静かにスタートさせていただきました。

開業しようという人間としてはどうなのかと思いますが、案外引っ込み思案なところもありまして(またもや「誰が?」というツッコミがたくさんありそうですが)また何より少しづつ積み上げていこうという想いが強かったのかもしれません。

それでも年賀状をお送りいただく方や勉強会などご一緒させていただいている方、開業時の設備等お願いした会社さんなどにはせめてもとご報告をさせていただいています。

ありがたいことに色々な声援をかけていただき感謝感謝です。

また前職の師匠にも退職前と変わらずよくしていただいています。

よく言われるような前職とのトラブルもなく、今の形が取れたことも師匠のお陰あってのことです。

 

息苦しくならないように

私自身の癖でなんでも自分でやろうとしてしまう傾向があります。

これが度を越すといわゆる完璧主義的な発想につながります。

しかしこの発想は自分を苦しめることになります。

そもそも全ての仕事を自分1人で完結することはできません。

もちろん最終的には事業主である以上自分で決定する必要があるでしょう。

それでもその過程において教えていただくこと、意見を聞きたいことなど様々でてくるはずです。

また仕事そのものも色々なご紹介を頂いたり、逆にご紹介したりということもあるはずです。

自分1人でやれることはどう考えても限度があるわけです。

自分で開業しようと考え始めた時、私はこのマインドをとにかく捨てよう、捨てようと言い聞かせ、計画を色々書いていたノートにも再三書いていました。

それはイコール自分を過信しないことにつながるわけです。

長年の癖ゆえになかなか抜けませんが、それでも気持ちの持ち方は以前よりも楽になったかもしれません。

とにかく丁寧に丁寧に一つ一つのことを取り組んでいきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る